World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年11月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

« IOTA-VHF地域アワード受賞者(新設) | トップページ | IOTA-VHF OC-146 YB8HZからOC-236 on 6mへ »

2022年10月 9日 (日)

私のVE3LYC著作の本「DREAM BIG AND DARE TO FAIL」利用方法のご紹介

2022年1月にVE3LYC Cezarさんが提供開始をしました「DREAM BIG AND DARE TO FAIL」をすぐに購入しました。240ページの英文の本でありVE3LYCが運用したIOTA DXpeditionを記録したものです。4千500円くらいしましたが、躊躇せず手に入れました。

私はもともとアマチュア無線を始めた理由は英会話のマスターを強く希望し、海外交流を目指したかったためでありました。ハム免許を取得して学生アルバイトで貯めた資金でタワーやビームアンテナ購入、CWのレベルアップ、上級免許の取得と続きましたが、就職・転勤と続く中でハムから気持ちが離れていきました。唯一、CWは大好きのままで免許も流してしまいました。

20年ほどQRTして「CWをやりたい。小さな設備でCWだけやりたい」と。そして、なんとしてでも英語の勉強をし、少しでも海外交流をはかりたいと思いJN6RZMにて再開局しました。3年間はCWオンリーでその技量と精度をあげるために聞こえるDX局を捕まえてはロングラグチューにチャレンジしました。

DXCCはほどほどにしてIOTAにチャレンジしました。電子メールが普及しはじめて、CWで鍛えた英作文で下手ながらメールをたくさん発信し続けました。当時は電子メールのプロバイダ料金をこなすためにこれを国際郵便料110円で割った月当たり45通の英文メールを自分自身に課して発信していました。ひな型を作るなどして、すぐに毎月150通くらい発信し英文作成力を高めていた記憶があります。

IOTAはDX局ではありますが、島に住む普通の局であり、メールを送ると「ごく普通」に応対してくれます。交信を依頼して、数回、数十回のSked後に交信に成功すると、「SASEなんか不要、こちらから送りますよ」というフレンドリー感覚に海外交流に結びついていると感じ始め、JA friendsを紹介するSkedを長いこと実施しました。さらに珍しいIOTA運用の提案や支援と少しずつパワーアップできました。

「DREAM BIG AND DARE TO FAIL」を受け取ると同時に240ページをすべてテキストファイルに入力しました。翻訳は全てGoogleで訳しました。ポイントはテキスト入力時に繰り返し使用されているVE3LYC使用の「言い回しをコピーする」ことに徹しました。「私自身のボキャブラリィの増加」を第一の目的として読み続けました。

240ページの入力も毎日2時間ほどで2か月かかりました。すべてを吸収することはできませんが、英語の単語や言い回しなど血肉に少しですがすることができました。2か月もかかりましたが、冒頭の4,500円はこれだけの時間を費やせたと、とても安いものと思いました。映画3回分くらいの料金でほぼ毎日2時間ほど自分自身の英語のレベルアップのために使えましたので私は「お安い買い物」と認識しています。

コロナ禍の終焉の雰囲気を感じるほど海外からの運用が増え始めました。VE3LYCから学んだ英語の言い回しを使ってメールを発信しさらに楽しんでみたいと考えています。

本の内容はIOTAを中心に書いてありますので英語であってもとっつきやすいです。VE3LYCへ発注するときに「これでVE3LYCのIOTA DXpeditionは完了するのでは?」と心配しました。そのため、注文メモにも「1冊だけではなく、2冊以降も発刊できるようペディション実施をお願いします云々」とコメントしました。残念ながら2022年のペディションプランは発表されていません。ひょっとしてもうやらないかもHW?

2022年10月1日付けで2回目の注文受付を開始したようです。40USDだそうです。これが最後の提供でしょう。応援も含めてどうぞ。 

« IOTA-VHF地域アワード受賞者(新設) | トップページ | IOTA-VHF OC-146 YB8HZからOC-236 on 6mへ »

コメント

山本さん、中嶋です。

VE3LYCは来年の3Y0J Bouvet Is.のペディションに参加しますので、まだ意欲は薄れていないと思います。

中嶋さん、おはようございます
FBな情報をありがとうございます。Tatakotoから2年間に溜まったものをそちらに出しちゃうんですね。ちょっぴり残念、ちょっぴり安心という心境です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-VHF地域アワード受賞者(新設) | トップページ | IOTA-VHF OC-146 YB8HZからOC-236 on 6mへ »