World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« OC-107 YF5NB Lingga Islandへ再チャレンジ | トップページ | NA-019 KL2LR Kodiak IslandとのSked plan »

2022年11月24日 (木)

DX0NE Spratly Islands 2022延期

2022年後半に計画されているAS-051 Spratly Island DX0NEのプランが半年ほど延期するとの連絡が4F2KWT Gilさんから届きました。6m運用を提案し了解をいただいていましたが、実行予定日が決まらないでいました。和訳ソフトにてお知らせします。

こんにちはシュウ。
私たちの旅行は延期されました。彼らは「セキュリティの問題」を挙げ、私たちの旅行は必須ではないと考えました。昨日更新いたしました。
スプラトリー諸島に関するニュースをフォローしている場合、米国の副大統領がちょうどここにいて、西フィリピン海に関してフィリピンへの支持を表明しました。それがさらに場内の緊張感を高めた。
今、第7艦隊が到着していると聞きました。
2023年の前半に再試行します。地方自治体の連絡先は、私たちがそこに行く可能性を排除していません.

73,
ギル

厳しい環境の中、やる気満々が伝わってきます。DX0NEのコールサインにて運用することの重要性を感じます。6mのみならずHFでもQSOして応援したくなりました。

QRZ.comのDX0NEやDX-World.netからもまもなく案内が発信されるでしょう。

« OC-107 YF5NB Lingga Islandへ再チャレンジ | トップページ | NA-019 KL2LR Kodiak IslandとのSked plan »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-107 YF5NB Lingga Islandへ再チャレンジ | トップページ | NA-019 KL2LR Kodiak IslandとのSked plan »