World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2023年1月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ

« NA-019 KL2LR Kodiak Island, Johnさんとの交流 | トップページ | VK4EI in Hamilton Island »

2022年11月27日 (日)

NA-019 KL2LR Kodiak Islandとの第一回Sked、見事に失敗

本日、朝8時からと昼正午から、それぞれFT8モードにより朝に14MHz/18MHz、昼に18MHz/21MHzにてSkedを実施しました。参加はJA6EXOさん、DS5ACV Jongさん、JE6HIDさん(朝のみ)の3局でした。

DS5ACVさんは2年半ぶりになりましたが、久しぶりにQRZ.comを覗くと素晴らして設備に生まれ変わっていました。7~8年くらい前からIOTA-YB Wanted listに参加のメールをいただき、Skedにも参加されていました。物凄いパワーアップに脱帽しました。本日はDS5DNOさんもSkedにいれて欲しいと言ってこられ、IOTAの輪が広がりそうでした。

ところが残念ながらKL2LRの信号をどなたもとらえることはできませんでした。EXOさんからは近辺のKL7局の運用を確認することができたが、肝心のKL2LRはダメだったようです。JohnさんからはYB7局と交信ができたとのレポートをメールでいただきました。

本日は疲労感が残りましたので、今後の対策を調整し12月中旬くらいに第二回Skedを企画したいと思います。

うまく交信できればIOTA-VHFへもこだわて行くつもりです。KL7アラスカ局の難しいところは強風の関係で背の高いビームアンテナを建てない傾向にあることです。立てたり寝せて撤収しやすいバーチカル系が多いです。

 

« NA-019 KL2LR Kodiak Island, Johnさんとの交流 | トップページ | VK4EI in Hamilton Island »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-019 KL2LR Kodiak Island, Johnさんとの交流 | トップページ | VK4EI in Hamilton Island »