World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
無料ブログはココログ

« OC-236 YB8HZ/P等 Bangkobangkoang Island Plan 実行の回答なし | トップページ | OC-221 YB8XM/P , YB8VRA/P(Nov 2021)を検証する »

2022年11月 9日 (水)

OC-239 YB9IPY/P Rajaampat Islands Club Log OK & 未交信者全員 OK

この朝にOC-239 YB9IPY/P Rajaampat IslandsのClub Logがuploadされました。2017年分からの累積です。

Log to search: YB9IPY/P
580 QSOs logged between 2017-11-21 12:56Z and 2022-11-08 04:11Z

11月8日の日本時間午後1時11分までのログが追加されました。結果表は2017年11月からの累積でバンド・モードごとに数字で表現されます。カードリクエストをすれば明細も確認できると思います。QSOsは306件から580件でしたので274QSOsとなったようです。

IOTA-YB Needed listの31名中、OC-239未交信は10名でしたが昨日までに9名交信済みが確認できました。残り1名の方は20/15mで応答を得たが交信不成立で残念とのことでした。今回のYB9IPYの運用はFT8 onlyとのことでした。gmailのアドレスですので今回の結果のNeeded listを送るとともにSSBの運用も取り入れていただくようお願いしてみます。

JH1のOMさんからはOC-239 YB9IPY/P Rajaampat Islandsの運用はGLが複数であった。船で移動しているのでしょうかというお尋ねをいただきました。Rajaampat Islandsを調べました。

まずはウイキペディアからです。

「ラジャ・アンパット諸島はインドネシアのニューギニア島からハルマヘラ島の間にある諸島。ドベライ半島の北西の沿岸に存在しており、1500を越える島・岩礁・洲などからなる。主要な島としてミソール島、サラワチ島、バタンタ島、ワイゲオ島などがあり、そのほかにもコフィアウ島などが存在している 」

と、なんと1500の島から構成されているようです。IOTA OC-239リストでは22の島名との8諸島名です。そのうちの1諸島がRajaampat諸島です。ウィキペデア説明文に存在しているのはワイゲオ島のみでした。

Google Mapでは、

Ralaampat

GoogleMapの風船マークは海の中を示して、該当の島を掲示しませんでした。確認をすると少し異なるかもしれませんが概ね赤丸の範囲に1500の島が存在することになります。したがってYB9IPY/P 〇〇Island Rajaampat Islandsの〇〇は不明のままです。YB9IPY自身が今回〇〇Island滞在のエビデンスを提出し、IOTA Validation teamに証明されれば、Rajaampat Islandsの一行下に1スペース空けて追加表示されることになります。

その他

この地域は観光地としてホテルや宿泊設備、スキューバダイビングなどが続々と開発されているようです。欧米からの観光客も増えてOC-239としての運用可能性も高くなってくると思われます。

IOTA-BBSへ投稿しようとしましたら、すでにWJLさんが投稿されていました。早い!

【追伸】

2022年11月9日夕方に上記の残り1名の15/20mで応答を得たが交信不成立と判断されたがClub Log確認で3QSOの確認ができたとメールがとどきました。これでIOTA-YB Wanted List中、10名のOC-239未交信者全員が交信済みとなられパーフェクトに完了しました。OC-247に続いて快挙です。あ~、よかったという気分です。なかなかいいですね。

なお、IOTA-YB Wanted Listのメンテナンスによる2022年から2023年への書き換えは例年通り1月3日にメール発信をします。当ブログでも同時に新規募集も合わせて行います。残念ながら、この素晴らしさが伝わらないのか、2年連続で新規募集はゼロです。

YBのDXpeditionerへもリストを配布し、YB-IOTAの実施プランの参考としてもらっています。例えば今回のOC-239 YB9IPY/Pプランが発表された時点で未交信者全員へメールにて情報伝達をさせていただいております。パーフェクトになると本当に嬉しいです。

« OC-236 YB8HZ/P等 Bangkobangkoang Island Plan 実行の回答なし | トップページ | OC-221 YB8XM/P , YB8VRA/P(Nov 2021)を検証する »

コメント

山本さん、こんにちは。
表題のGLの件ですが、確かに当局が11/3にQSOした際はPI58でしたし、11/4にはPI59となっていました。
単に間違いが判って修正されたのか、本当に1日の間に移動されたのかは不明です。
表題のようにRajaampat IslandsであればPI59のような気がします。
当局もWFWLで臨みました。

前田さん、こんにちは
OC-239 Rajaampat Islands自体があまりにも広すぎて、YB9IPY自身が1500の島々のどこから運用しているのかもわかりません。ニューギニア島自体が世界で2番目、日本の国土の2倍に近いそうです。2016年時点のYBの島は13,466島と報告され、前回の調査より2,000島ほど増えたとレポートされていました。無名の島も数えきれないほどあるそうです。そのような状況でIOTA Ltdも大まかな括りのままになっているようです。
YB9IPYにはぜひ実際の島名表記でIOTA OC-239に登録できるように頑張ってほしいです。もちろん、きちんとしたエビデンスを出せば可能と思います。Rajaampat Islandsを少し細分化、明確化して欲しいと思います。連絡してみたいと思います。コメントをありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-236 YB8HZ/P等 Bangkobangkoang Island Plan 実行の回答なし | トップページ | OC-221 YB8XM/P , YB8VRA/P(Nov 2021)を検証する »