World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« My IOTA-VHF 2022 とIOTA-DU Needed List 2023作成の中間報告 | トップページ | SA-024 PY2UDB Cananeia Island Matching登録完了 »

2022年12月31日 (土)

I am still in resident

2022年もあと少しで終わりそうです。

自局が交信して電子ログに登録したQSOデータをAIDファイルへ変換しClub LogやLoTWに登録します。自局がIOTAのresident局であり、世界中の局へIOTAのMatchingシステムに利用していただくためにはIOTA validation teamへ(2022年末までは)resident局でいましたという届け出が必要です。

Stii-in-resident

前回は2022年1月1日にメールにて送付しました。今回は12月31日に送付を完了しました。

従いまして、Club Log MatchingやLoTW QSO Matchingでは、JA局でもご自分のQSOデータを交信相手に使ってもらいAS-007等としてクレジットを与えることができます。この手続きは毎年必要とのことです。例えば私が壱岐対馬へ1週間ほどAS-036 JN6RZM/6で運用した場合は、その1週間でデータが保存されるのみですので年次のStill inは不要です。

数年後に再びAS-036へ行く場合は、個別にIOTA Validation teamへ相談し、登録され相手局にMatchingが利用できるようになります。おそらく別物としてIOTAウエブに登録されます。

【追記】

約1年前の前回はIOTA validation teamの反応はありませんでしたが、今回は返信メールがとどきました。

2022年12月31日15時22分に送信しました。18時8分に下記の返信がありました。

Hello Shu,

Your details have been updated, thank you for letting us know.

73,

Johan, PA3EXX 

ご丁寧にありがたいです。感謝です。しかし、多くの局がStill residentメールを送ると返事にたいへんになるのではと心配します。

 

« My IOTA-VHF 2022 とIOTA-DU Needed List 2023作成の中間報告 | トップページ | SA-024 PY2UDB Cananeia Island Matching登録完了 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« My IOTA-VHF 2022 とIOTA-DU Needed List 2023作成の中間報告 | トップページ | SA-024 PY2UDB Cananeia Island Matching登録完了 »