World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« TABLE OF IOTA AWARDSのVHF/UHF Categoryを再確認する | トップページ | OC-227 VK4EI Sweers Island Lyn-sanへのご挨拶とお願い »

2023年3月 4日 (土)

AS-017 Okinawa HontoのQSL記載の件

 この朝に425DX NewsにAS-017の記載がありました。転記します。
JA - Moto, JA1GZV will be active again as JS6UKY/6 from Okinawa Island
(AS-017) on 2-8 March. He operates CW on 40-15 metres. QSL via the
bureau, eQSL, or direct to JA1GZV. [TNX DX World]

DX-World.netからの転載のようで、そちらも確認してみました。さらにJA1GZVさんのQRZ.comも確認しました。感覚的にはAS-017 Okinawa Hontoクラス(IOTAクレジット率52.7%)で近年ときどき掲載されていることが気になりました。JA1GZVさんのQRZ.comにはJA1GZV/6や沖縄のコールサインJS6UKYでも昨年秋やそれ以前にも運用を楽しんでおられるようです。

さらにIOTAウエブのAS-017を検索しますとJA1GZVとJS6UKYは全く掲載されていない不思議さと425DX New等に掲載されるギャップを感じてしまいました。

私自身のAS-017クレジットを調べてみました。JS6CZO局のQSLカードを使用しました。

Js6czo

JS6CZO局のQSLカード裏面はデータ記入欄のみのため省略しました。JN6RZMのコールで開局した1994年5月に交信し、1998年1月末締めの初めてのIOTA申請に使用しAS-017のクレジットをいただきました。IOTA番号も島名もありません。当時はカードに記載された住所から判断してOKとされていました。さらにIOTAウエブのAS-017の中にこの局のコールサインはありません。

当時のシステムは確か4局以上から申請があったコールサインと定義されていたためIOTAウエブに掲載されていないと判断します。当時はOkinawa Islandsと書くのが正解だったようです。IOTAウエブではAS-017でクレジットを受けられている局はすべてOkinawa Hontoとはいっています。IOTAウエブにおいて、いつのころから「Okinawa Honto」となったのかは記憶にありません。

おそらく、海外局が最近IOTAを始められるケースで過去に交信した「OKINAWA JAPAN」と印刷された沖縄本島局のQSLカードをみて、AS-079やAS-024の宮古・八重山との区別ができないためにAS-017のニーズが高まっているのではないかと考えました。いずれにせよ、QSLカードには英文で「Okinawa Honto Island」と印刷していただくことをお勧めします。

JA1GZVさんへもお知らせとお願いをしておきます。

前にも同じ様な記事を書きましたがIOTA-VHFの6m運用でもなかなかAS-017 Okinawa Hontoの記載が確認できず苦労しました。

下記の画面写真のとおり、IOTAウエブのAS-017 Activationsを確認するとOkinawa Hontoとその周辺の島名のみの掲載です。海外局やIOTAを始めようとする局はQSLカードにAS-017 Okinawa Hontoの文字を探すはずです。

Okinawa-honto

« TABLE OF IOTA AWARDSのVHF/UHF Categoryを再確認する | トップページ | OC-227 VK4EI Sweers Island Lyn-sanへのご挨拶とお願い »

コメント

おはようございます。
鼻炎で病院の待合室から。(笑) 激混みです。皆、花粉症かな。
昨年、私の沖縄移動と日程がクロスしていたので、JA1GZVさんにメールしましたが、反応は頂けませんでした。夜、食後に1時間、7MHzでベランダアンテナからの運用みたいな・・・だったようす。
運用規模に応じて、海外にはアナウンスすべきと考えています。
国内JCC,JCGサービスと海外向け運用は、識別が必須ですね。

コメントをありがとうございます。
なかなかですね。JA1GZVさんの情報をありがとうございます。いずれにせよ、海外に飛んだから今回もDX-Worldに投稿されたと思います。AS-017を必要とされている局もある一定以上おられるのではないかと思います。昨年にJR6SVMさんが5年間未申請の適用を受け、沖縄本島からのIOTA申請者が消えてしまいました。たくさんの沖縄局に声を掛けましたが引っ込み思案の方ばかりでした。逆にAS-079やAS-024のresident局はある程度おられます。少々環境が異なる沖縄のようです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« TABLE OF IOTA AWARDSのVHF/UHF Categoryを再確認する | トップページ | OC-227 VK4EI Sweers Island Lyn-sanへのご挨拶とお願い »