World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« ADXOには4月以降の6m運用プランがたくさん! | トップページ | AS-051 DX0NE Spratly Island plan by 4F2KWT »

2023年4月 2日 (日)

OC-001 VK Australian station のMatching協力局を作る

1970年代にVK局からのQSLカードはvia Bureauオンリーで受領し、DXCCの別カントリーの場合は80円(?)くらいのIRC1枚で回収していた記憶が残っています。1996年頃は1USDか1IRCで天秤にかけて安い方でSAEとともにVKへ請求した記録を残しています。2002年に初めてドネーション1GSをプラスして2GSで請求していますが他のものは1GSで対応しています。2003年からはIBRSを利用して回収費用のさらなる低減を実現していました。2005年になるとVKへはほとんど2GSにて請求するようになりました。

VK-IOTAはOC-214のみを残していますが、ほとんどVK局にSASEを送ることがなくなりました。

1週間ほど前にVK3CWBと50MHzCWにて交信しました。50MHzSSBではたくさんのVK4局をコピーできています。2022年6月に50MHzCWにて交信できたVK4JUに続いてVK3CWBがOC-001として2局目です。QRZ.comには物凄い量の情報が書き込まれていました。そのなかに現在のVKからJAへの送付費用が1通あたり3.5USD必要と書いてありました。他のVK局もQRZ.comにSAE+4USDと時々目にしました。

さらにVKはすでにBureauが機能していないとBiographyに書かれている局が多いと思いました。My IOTA-VHFのコンファームにおいてはまだQSLカードを請求していません。SWL logにはたくさんのVK4/VK2局を書いていますが請求をと手名ました。3年間のVK局のOC-001のMatching登録状況を調べましたらありませんでした。

IOTA-VHFをメインにVK4AHW Harveyさんにお願いしまして6mSSBでClub Log MatchingとLoTW QSO Matchingの登録を早急にお願いすることにしました。IOTA-VHF申請の支援のためにOC-001クレジットを無料で得られる体制をトライしてみます。

 

« ADXOには4月以降の6m運用プランがたくさん! | トップページ | AS-051 DX0NE Spratly Island plan by 4F2KWT »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ADXOには4月以降の6m運用プランがたくさん! | トップページ | AS-051 DX0NE Spratly Island plan by 4F2KWT »