World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« IOTA-VHF OC-138 BG5VEC & BG5UVQ Xiamen Island on 6m 再開 | トップページ | IOTA-VHFに関するミニ情報 »

2023年4月30日 (日)

AS-136 BG4TRN Chongming Island 書類手続き

この早朝にBG4TRN Tao-sanからメールが届きました。

「いくつかの情報をまとめました。役に立つことを願っています。助けてくれてありがとう」との内容です。いよいよValidation teamへ提出されたようです。Taoさんは実家があるChongming島から中国上海市の郊外にある無錫に住んでいます。今回は2月下旬から4月中旬まで島に滞在され、一度無錫に戻られ4月28日からChongming島へ戻られ私にメールをいただきました。心を開けていただきありがたいです。

すぐに次のような内容で返信しました。これでも要約しました。

「素敵なメールをありがとう、きっと素晴らしいハムライフになります。
IOTA AS-136からの運用はほとんどが毎年のIOTA contestであり、現在のAS-136クレジットは33.4%です。IOTA申請者の三分の一が申請済み、三分の二がまだクレジットを得ていません。IOTA申請者数は1,511件であり(HFカテゴリ)、1,000局前後がAS-136のクレジットを得ていません。これからIOTAを始める局も徐々に増えますのでHFでもかなりのニーズです。

この1,000局の環境はそれぞれ異なります。保有している設備では毎年7月にBYとパスが開かない地域や、設備の問題などがあります。ぜひこれらの世界中の1000件のIOTAファンにAS-136をプレゼントしてください。さらに、HFでAS-136のクレジットを得ている局(私自身もそうです)はVHFカテゴリにチャレンジしつつあります。VHFカテゴリのAS-136のIOTA validation teamが認める運用はまだありません。あなたの提出される書類が世界初のIOTA-VHF AS-136になります。

私のローカルのJA6RJKがあなたと6mFT8で今月交信されたようです。これが世界初のIOTA-VHF AS-136になりそうです。

IOTA validation teamからの認証がされましたらぜひ、AS-136 Chongming Islandからの運用期間をあなたのQRZ.com biographyに掲載してアナウンスしてください。世界中のAS-136未交信局、IOTA-VHFを楽しんでいる局があなたのQRZM.comを訪問するでしょう。
QSLカードもぜひChongming Islandを紹介するような価値あるカードにしていただきたいです。hi
さあ、楽しくなりますよ。

P.S. AS-138 Xiamen Islandの友人であるBG5VEC Cai-sanとBG5UVQ Wu-sanもIOTA-VHF運用の支援をしていただいています。機会があれば彼らとご連絡ください。 」

と、今回はかなりの長文になりましたが朝一番に1時間ほどかけて作成し送りました。おそらく、validation teamのOKがでれば、QRZ.comにvalidation teamに承認をいただいたAS-136 Chongming Island滞在期間が掲載されるとともに6m運用が開始されると思います。

 

« IOTA-VHF OC-138 BG5VEC & BG5UVQ Xiamen Island on 6m 再開 | トップページ | IOTA-VHFに関するミニ情報 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-VHF OC-138 BG5VEC & BG5UVQ Xiamen Island on 6m 再開 | トップページ | IOTA-VHFに関するミニ情報 »