World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« OC-221 YB8XM/P Tayandu Island QSLカード | トップページ | IOTA-VHF申請をお勧めください »

2023年5月24日 (水)

IOTA-VHF AS-138 BG5VEC & BG5UVQ Xiamen (廈門) Islandへの依頼

昨年7月にAS-138 Xiamen Islandのresident局としてBG5VECを発見し、50MHzのニューワンとして紹介できるお手伝いすることができました。Club Log登録、Matchingの登録も進めることができました。さらに、BG5VECのお仲間であるBG5UVQ、BG5TWUを加えました。最終的にはAS-138 Xiamen IslandはBG5TLX、BG5UZL、BG5VAH、BG5VDXの7局のグループとなりました。

さらにAS-137 BG5FZU Dai Shan Islandとアポイントが取れました時にはAS-138 BG5VECを紹介してBY-IOTAのグループ化を進めているところです。その後が続いていません。

残念ながら、6mパスの発生が終わってしまった10月にBG5UVQ Wu-sanとHFにて交信しQSLカード交換をしました。QSLカードには「IOTA AS-138 Xiamen Island」をPCプリントした素敵なカードで当ブログでも紹介しました。

この朝にBG5VEC Cai-sanとBG5UVQ Wu-sanへ50MHzでの交信希望のメールを発信しました。1年もかけてだらだらやっているようですが、実は目的である50MHzの交信はいつも後回しにして可能な限りメール交換でアドバイスを続け刺激を差し上げることにしています。深く長くお付き合いをモットーに楽しんでおります。

そろそろ交信しないといけませんね。PSKREPORTでもBG5VECがよく運用しているようです。

【追記】

朝8時前にメールを送りましたら午後1時過ぎに返信メールが戻りました。私宛の返信ですが、JAのIOTA-chaserの皆さんへ伝えても良い、いえ伝えるべき内容と判断しました。PC和訳で要約して掲載させていただきます。

「お手紙ありがとうございます。
5月も終わりに近づき、6M帯域の伝播がますます良くなってきました。 当時、JAとBY間の6 メートルの FT8 信号によりたくさんの情報を得られました。
そこで、アジア諸国と6m帯で通信するため、BG5VAHの屋上に5エレ6m八木アンテナを設置しました。BG5UVQ は 6m バンドで CW ができると言いました。私も 6m バンドで CW/SSB ができます(CW のスキルが十分ではありません)。時間と伝播が可能であれば、6m QSO ワークをスケジュールすることができます。

ありがとう!

73!DE BG5VEC & BG5UVQ」

ありがたいですね。FT8オンリーからCWのマスターへトライしSSBも含めてレベルをあげられようとしています。アンテナもパワーアップを図ってこられました。たくさんのJAを含む局と交信して欲しいです。

 

 

 

« OC-221 YB8XM/P Tayandu Island QSLカード | トップページ | IOTA-VHF申請をお勧めください »

コメント

山本さん

下記、局と6mでQSOできました。

BG5VAH,BG5VEC,BG5VDX

舟木

舟木さん、ご協力に感謝します。

 IOTA-BYはここアモイ島の彼らから新しい風が吹きそうな気がします。QSLカードは第一地帯ですので25gまで90円で送れます。まとめてBG5VECへ送ってあげてください。よろしくお願いします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-221 YB8XM/P Tayandu Island QSLカード | トップページ | IOTA-VHF申請をお勧めください »