World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« 新規IOTA申請者数の途中経過報告 | トップページ | 次のIOTA-VHF掘り起しははAS-094 Hainan IslandとAS-141 Dongtou Shan Island »

2023年6月12日 (月)

6月8日のAS-136 B4/BG4TRN レポート なぜその後出てこない?

6月8日(金)の朝9時にJI3DST舟木さんから当ブログのコメントに表題のB4/BG4TRN 50MHzFT8運用開始のレポートをあげていただきました。その後もメールとコメントをたくさんいただきました。ありがとうございます。Club Logにはすでにuploadされました。その終わりは6月8日の0139Z(1039JST)になっています。1時間半ほどサービスされた結果です。

そして、土日の週末は未交信の多くの局が待機されたことと思いますがPSKREPORTERには朝から夜遅くまでBG4TRNのHFカラーの風船がずっとあがっていましたが、赤色風船のB4/BG4TRNの50MHzFT8運用は残念ながらありませんでした。

この朝に交信に成功された方の金曜日の当ブログコメントやメールを読み返してみました。メール分でその原因を判断できるとても参考になるメッセージがありましたのでコールや名前等を省略してご紹介させていただきます。メールを2回送ってくださいました。ちょうど開始直後と終了直後のタイミングです。ご了解ください。

2023年6月8日 0905JST

「さきほどから6m FT8でB4/BG4TRNが入感し始めました。
結構なJAが呼んでます。
当方はまだQSOに至っていませんが。」

2023年6月8日 1014JST

「途切れる事なくアジア各局が呼び続けています。
無事に00:56zにQSO成立しました。
これだけ呼ばれるとはTaoさんも思っていなかったのでは。
-11dB~+04dBの間で長いQSBがありましたが安定して入感していました。
(我が家のアウトバッカーアンテナで)
01:00zを過ぎてもパイルは続いています。」

以上、2メッセージです。私がFT8をやっていないためにご迷惑をかけてしまいました。ポイントをついた詳細情報です。

明らかにパイルがあまりにも激しかったさまがうかがえます。Taoさんの経験上、体験したことのない1時間40分であったようです。FT8の運用ではSSB/CWのようにSpritを指定したり、エンティティ指定、エリア指定はできないのでしょうか。どなたか教えていただけないでしょうか。

ただし、FT8のパイルと同様にTaoさんへのメールもそれ以上の問い合わせが押し寄せているのではないかと推測します。ようするに少し間を開けて対応していただく、可能な限り挨拶程度のメールは控えるなどの待機が必要だと思います。私も金曜日の午後に祝辞を送りましたが返事はまだありません。おそらく突然起きたパニックに土日を費やされたのではないかと思っています。回復には数日を要するのでしょう。

Resident局ですので逃げはしませんのでご安心ください。基本的にClub Log/LoTW QSO Matchingを勧めています。IOTA validation teamのVE3LYCが担当されていますので「HFはAS-136 BG4TRN、VHFはAS-136 B4/BG4TRN」にて登録されているのではないかと思います。一部の方へは30日後のMatchingが確認できたら「第一地帯の90円の国際郵便で送り、QSLカードは送付カードにPse QSL to JARL」と書いてくださいとお話しています。もちろんSASEでも結構です。

【追記】

数日前にあるOMさんからメールが届き、BG4TRNへ6m運用のお願いをされたところ、「6mのアンテナを持たない」との返答をいただいたそうです。使用しなくなった6mアンテナの拠出と費用の捻出の相談をいただきました。ご返事は私の方からJA4GXSさんから教えていただきました6m Zepp antennaの作り方のウエブをそのままお送りし、「簡単、簡単、簡単」と自作を提案したとご報告し様子を見ることにしました。

PSKREPORTERのBG4TRNの小ウインドウを確認するとバンドごとに「Antenna: Dipole」と出てきますのでアンテナくらい作成して、とお願いしました。9日に使用したアンテナの確認はできていません。GXSさんから1セットお預かりしていますので万一に備えて送るつもりでいます。現在使用のDipoleに6mのエレメント2本を付けただけで運用したのかもしれません。中国アマゾンに6mYagiを発注したりしているかもしれません。体制の再整備、再構築をしているのではないでしょうか。

« 新規IOTA申請者数の途中経過報告 | トップページ | 次のIOTA-VHF掘り起しははAS-094 Hainan IslandとAS-141 Dongtou Shan Island »

コメント

山本さん

コンディション Es OPEN 地域の違いがあると思います。

昨日は、BG5VEC さんが6m FT8にQRVされていました。

舟木

舟木さん、こんにちは
小豆島におられたんですね。すっかり失念していました。去年もAS-200 for 6mのトライをしていただきました。たいへんありがたかったです。私のアンテナではコピーできませんでした。国内のEスポで大阪や淡路島あたりまで開けたらすぐに連絡をいれます。AS-200のみならず、AS-138やらAS-136やらたくさん逃しています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新規IOTA申請者数の途中経過報告 | トップページ | 次のIOTA-VHF掘り起しははAS-094 Hainan IslandとAS-141 Dongtou Shan Island »