World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« IOTA-VHF AS-158 B2/BY1AA Xiaochangshan Island will be operating on 6m before IOTA contest 2023 | トップページ | AS-158 B2/BY1AA Xiaochangshan Island landing »

2023年7月28日 (金)

AS-117 JA4GXS/4 Kasado Island (8/5-6) plan

私がIOTAを始めた1997年ころはAS-117 Honshu's coastal Islandsは①JA-IOTAの中では一番新しいIOTAでした。②IOTAのブーミングで北は青森から西は山口県ととても広範囲だったためにペディションが常々行われていたこと。HFの3.5MHzから28MHzバンドをフルに使えばすぐに交信できていました。特に兵庫県の淡路島にはアクティブなresident局がおられクレジット率も高くなっていました。

2003年にHFカテゴリに続いてVHFカテゴリが誕生しました。実は私もIOTA-V/UHFカテゴリがいつ誕生したのが気にせず最近まで失念していました。6mをやっていませんでしたので興味が湧かずに失念してしまったようです。広範囲のAS-117において1枚のQSLカードにてクレジットを得るとAS-117への興味も薄くなってしまったことでした。むしろ、2000年のIOTA誕生における大量分割によりAS-117の分割に興味がありました。

2019年6月にAS-117がWestとなり、AS-206 Honshu's coastal Islands Eastが誕生しました。四半世紀ほどかかったことになります。AS-206もHFで1クレジットを簡単に得ることができました。

またまた興味が薄れようとしたときにIOTA申請者数のHFカテゴリで世界一位に到達しました。2020年にはIOTA-V/UHFカテゴリでもIOTA申請者数世界一位を皆さんとご一緒に目指すことになりました。それはIOTA LtdのG3KMAからHFとV/UHFの同時申請によるクレジット合算による申請料低減と翌年にはIOTA-V/UHFの3大陸50クレジット新設が発表されたことによります。

2023年1月のIOTA V/UHF Listではあっという間にJAが世界一位になったことは記憶に新しいです。

私はAS-117のクレジットを得るために2021年夏に淡路島のresident局に6mのSkedをお願いして簡単に交信できました。ところが昨年、今年となかなかJA3/JA4/JA5局を聞くことができません。

気長にやっていくつもりです。そのような折、JA4GXS佐々木OMが下記内容にてAS-117からサービスしてくださいます。どうぞ皆様。お声がけをお願いいたします。

IOTA:AS-117(Honshu’s Coastal Islands West)
島名:笠戸島/かさどしま(山口県下松市)
日時:2023年8月5日(土)16JSTから2023年8月6日(日)07JSTまで
コールサイン:JA4GXS/4
オペレーター:JA4GXS
QSL INFO.:ダイレクト又はビューローでJA4GXSへ
周波数・モード:40/30/20/6m CW/SSB/FT8
*6m( CW/SSB 50.220 ,FT8 50.313-50.303 )
73

« IOTA-VHF AS-158 B2/BY1AA Xiaochangshan Island will be operating on 6m before IOTA contest 2023 | トップページ | AS-158 B2/BY1AA Xiaochangshan Island landing »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA-VHF AS-158 B2/BY1AA Xiaochangshan Island will be operating on 6m before IOTA contest 2023 | トップページ | AS-158 B2/BY1AA Xiaochangshan Island landing »