World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2023年 関西アマチュア無線 フェスティバル | トップページ | IOTA OC-155 & OC-299P Expedition 2023 »

2023年7月12日 (水)

We would like to make a contact with your AS-141 on 6m bandのメール送付支援のお願い

先月の6月初旬にAS-141 BA5CJ/5にてDongtou Shan IslandからIOTAサービスを年に数回実施していること、直近は2023年4月です。また、中国本土の自宅から島まで橋が架かっており50kmくらいの距離であること。さらにPSKREPORTERではほぼ毎日風船が出ていることと時々赤色の6m運用も実施していること。IOTA-VHF申請済みの中にも数名の局がAS-141 BA5CJ/5のクレジットをお持ちであること。

以上の状況でありましたので相当に力を入れたメッセージと添付ファイルを作成しBA4CJ Gaoさんへ6月14日にメールを発信しました。ところが全く受け付けられません。「メールエラー送信通知」が即座に戻ってきました。時間をおいて云々と書いてありましたのでその日に数回送りましたがすべて即座にエラーとなってしまいました。

同じ@niftyユーザーのJI3DST舟木さんからQSPがあり「6月2日からの事故報告」が掲載されていることを教えていただきました。@niftyからはその理由と対処を勧めていることが報告され、gmailやoutlook関係の事故と報告されていました。3月に切り替えたスマホのメールで送る手段をとったりしながらほぼ毎日送信しエラー報告の時間を過ごしました。毎日のようにBA5CJの風船ランプが点いているのを横目に見ながらでした。

月末のIOTAコンテスト参加を兼ねて6mサービスの提案内容であるため、そろそろ期限ぎりぎりとなりそうです。

そこで、@niftyやgmail、outlook以外のメールユーザーにサポートをしていただき、私の作成したメッセージと添付ファイルをToでBA5CJへ送る作業をサポートしていただけませんでしょうか。Ccでjn6rzmをいれてBA5CJへ送ればよいと思います。彼から返事があれば私に転送していただく。そして、再び私が返信する必要があれば再度同じ要領で送っていただくのみです。

お一人のみのご協力で結構です。これ以上遅くなると、8月上旬までのAS-141 BA5CJ/5 Dongtou Shan Islandからの6m運用はほぼ0%となります。

【追記】

6月12日午前中現在にAS-141 BA5CJ/5にてPSKREPORTERに6mFT8で出ているようです。50314でしょうか。

As141-ba5cj5

2023年6月12日午前11時です。BA5CJとBA5CJ/5の風船が並んでいます。

【追記1】

クラスターレポートが上がりました。

BA5CJ/5 23/07/12 0258Z 50314.9 FT8 tnx qso BG8SRK  

間違いなくAS-141からの運用です。

【追記2】

JH1OAI 井上さんにサポートをいただけました。また、JA7BWT時田さんにも間接的にご支援をいただきました。皆さん、ありがとうございます。6月14日に作成したときは120%の自信作のメッセージでした。IOTA申請者数世界一位、IOTA-VHF申請者数世界一位などIOTA LtdのG3KMAやCP JAのJA9IFFなどの多くのJA IOTAチェイサーのご協力のもとに云々というないようです。

3月にガラケーからスマホに変えましたのでスマホのメールを初めて利用もしましたが、送られたのか否かよくわからない状態になってしまいました。それが届いて本日に運用されているのかもしれませんがよくわかりません。いずれにせよ、正式に確実に送っておいた方がよいと判断しました。JAの申請者等6m Challengerのコールサイン全員の名前にしています。

« 2023年 関西アマチュア無線 フェスティバル | トップページ | IOTA OC-155 & OC-299P Expedition 2023 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2023年 関西アマチュア無線 フェスティバル | トップページ | IOTA OC-155 & OC-299P Expedition 2023 »