World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« OC-208 YB8OBM/P Peleng Island Club Log | トップページ | IOTA-VHF AS-141 BA5CJ/5 Gaoさんへの初めてのメール »

2023年8月 4日 (金)

OC-208 YB8OBM/P Peleng Island の復習

2023年7月28日(金)の夜、まさに29-30日に開催されるIOTAコンテストの前夜にYB3MM Adhiさんにより表題のコンテスト参加局がFacebookに報告されました。私がその記事を見つけたのは29日の午前中でした。すぐに当ブログに記事を転載しましたが、IOTA-VHFのBY局対応中でそのままで終わってしまいました。

Oc208_20230804060901

コンテスト終了後にIOTA-YB Needed List 2023においてOC-208未交信局の確認とメールによるQRV報告を失念していたことに気づきました。10局の未交信に対し、4局のJA friendsが交信に成功されていました。終わったことを調べて掲載しても仕方がないかもしれませんがどのような背景でIOTAコンテストにOC-208 Peleng Islandに渡ってわざわざ運用したのか復習してみることにしました。

Club Logでは2日間で110QSOsの結果で終わっています。ほとんどが15mSSBのようです。YB3MM AdhiさんがFacebookに報告されたということは、「たくさんのOC-208未交信局に交信して欲しい」、「運用PRが全くされておらず、PRする価値がある」と判断したからでしょう。

YB8OBM Budiさんがどこに住んでいてOC-208 Peleng Islandまでの距離を調べてみました。

Oc208-yb8obm-1

対岸のOC-146 Sulawesi Islandの町に住んでいました。Peleng Islandまでは直線距離で27kmです。おそらく船で渡ったと思われます。航空機は就航していないようです。このくらいの距離だったらヘリコプターがありますがYBでは聞いたことがありません。船も大きさなどでスピードが変わりますが2時間以内で渡島できそうです。

QRZ.comのYB8OBM/Pを検索すると右上に2023 IOTA Contestの旗のもとで運用している写真が掲載されていました。

Oc208-yb8obm9

旗は外に向けて貼ってあるために室内では裏返しになっているようですが、見事に2023 IOTA Contest YB8OBM/Pと印刷されています。

未交信の方はぜひ「今回は交信できなかった。2024年のコンテストにもぜひ2023の3を4に書き換えて参加してください」と少しジョークをいれたメッセージをご挨拶に送ってみてください。

余談です。

私のOC-208は2013年5月に実施されたOC-208 YB8P Peleng Islandでした。2012年にはOC-208の島々の地名をすべて調べて1局のみresident局を見つけました。しかし、運用にはいたらすでした。対岸のSulawesi Islandの地名をすべてピックアップし、QRZ.comで検索しました。100局は超えたと思います。すべての局にOC-208へ行ってください。資金支援をしますとメールを送りました。

反応はほぼなかったですが、見かねたYB5NOF Johnさんが私の出身地にも近いので行ってあげようと申し出てくれました。それで実現したのがOC-208 YB8Pでした。

YB8OBMはYC8OBMからクラスをグレードアップしたばかりのようです。おそらくAdhiさんの影響を受けたのでしょう。立派な旗も作って一人でのIOTAコンテスト参加です。コストは往復の船賃と1~2泊の宿泊費ですが感覚的には1万円くらいで負担はあまりないと思います。それよりは呼ばれる楽しさでしょう。うまく交渉すれば今年の秋や、来年の春にでも動いてくださるかも。また、他のOC-213など山のようにあります。

私は2年前にIOTA-VHFへ全力投球するつもりでYB局へ6m運用を提案しようと考えましたが、残念ながら2年余りでYBの6m運用は1度も聞くことはできていません。積極的なメール対応を控えてしまいました。

どうぞ、未交信の皆さんは1メールで結構ですので簡単なメッセージを送ってあげてください。

« OC-208 YB8OBM/P Peleng Island Club Log | トップページ | IOTA-VHF AS-141 BA5CJ/5 Gaoさんへの初めてのメール »

コメント

山本さんの記事を見たのが、日曜日(30日)の朝でした。
調べてみると、JA6WJLさんが、土曜日の夜クラスターに挙げてくれていました。(21MHZのCWでコンテスト聞いていました。)しまったっと思いました。

日曜日の午前中は、用事のためにQRVできませんでしたが、お昼からは、出ていないか21SSBを聞いていました。一度だけ、中国の局とOC-208と言ってやり取りをしている局がありましたので、CALLする準備をしましたが、中国の局の周波数だったようで、中国の局が、QRZ?
周りを少し探しましたが、わかりません。夕方まで探しましたが、聞こえませんでした。
今回のQSO数は、110QSOだったそうで、残念でした。
一度メールを送ってみます。

村山さん、おはようございます
 お久しぶりです。
 ぜひぜひ、一筆上程されてみてください。一局からだけでなく、数局からリクエストが届くと親せきなどが島におられると結構早く実現する可能性もでてきます。30kmくらいの距離ですから日帰りでも可能と考えると一矢を射ることは大切かもしれません。
 少し遅れて私も希望者として発信しておきます。

terima kasih.. salam kenal
saya akan berusaha QRV di OC 208 pada 6m...
berharap bisa berjumpa di komunikasi radio

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-208 YB8OBM/P Peleng Island Club Log | トップページ | IOTA-VHF AS-141 BA5CJ/5 Gaoさんへの初めてのメール »