World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« SA-010 PR0T Trindade & Martim Vaz Island plan | トップページ | IOTAコンテスト2023結果 »

2023年9月 9日 (土)

AS-037 JA4GXS/6 Kamikoshiki Island plan( 9/16-17)

この朝に山口県のJA4GXS 佐々木OMよりメールが下記の届き再度のアナウンスをいただきました。
1週間後の9月16日(土)-17日(日)にHFと6mで運用されます。6階建てホテルの屋上にアンテナをあげられるとのこと。6mは4エレHB9CV。6mをメインに運用されるようです。

一昨年にJH7IPR/6高橋さんのAS-037に続いての運用です。2年前は見事に逃がしてしまいました。福岡からは距離的に厳しいところがありますが、チャレンジしたいと思います。

IOTA:AS-037 甑島列島
島名:上甑島(かみこしきじま)
鹿児島県薩摩川内市JCC:4616・GL:PM41xu・JIA:46-114
2023年9月16日(土)15:00(JST)から
2023年9月18日(月)06:00(JST)まで
コールサイン:JA4GXS/6
オペレーター:JA4GXS
QSL INFO.:ダイレクト又はビューローでJA4GXSへ
周波数・モード:40/30/20/17/6m CW/SSB/FT8
*6m( CW/SSB 50.220 , FT8 50.313-50.303 )

少し訂正がはいりました。なお、「6mのアンテナは北東に向けてCQを出します」とのことでした。(Tnx JA4GXS) 

« SA-010 PR0T Trindade & Martim Vaz Island plan | トップページ | IOTAコンテスト2023結果 »

コメント

甑島はNEwでした。佐々木さんからメールをいただきJTアラートを参考に20mFT8でQSOすることが出来ました。あわよくば他のバンドとCWでQSOしたいと思っています。情報ありがとうございます。IOTAは300に手が届くところです。

大野さま、こんにちは
初めまして。コメントをありがとうございます。
IOTAはHFのオールバンド、オールモードとV/UHFのそれの二つのカテゴリになります。

福岡からは距離的に五島や天草、甑くらいの距離はなかなか聞くことが厳しいです。HFでは40m/30mでほとんど完璧に交信できています。甑島は九州新幹線の全線開通、串木野や薩摩川内から高速フェリーの就航などがゆったりと開通しておりIOTA運用は穴場です。EUやNAからもとても人気があります。

私はIOTAのおかげで1997年から始めて26年続いています。ハムライフの年数は完全にIOTAに引っ張られています。(笑い)
今後ともどうぞよろしくお願いいたします。

OM、丁寧なご返事ありがとうございました。DXは1978年からでMIXは上がりました。元々5エリアに住んでおりまして今もJA5IGXは継続して持っております。佐々木さんとは同じDXグループに所属しており、かれこれ30年ほどのお付き合いです。IOTAを少しまじめにやっていたらと今更ながら後悔しております。マンションの1階で高さが取れないのでまったくだめです。14は釣り竿にはわせたバーティカルでQSOしました。FT8がなければDXを追いかけられません。今後ともよろしくお願いします。1950年生まれです。

大野さま、おはようございます
私も1972年にJH6DVLにて開局しました。その前に2年ほどSWLを楽しみました。開局に併せて実家に13メータハイのタワーに3エレ八木10ワットでDXingを開始しました。72年5月に21MHzCWでVVVをたたいていると北欧からパイルを受けました。SSB10ワットのDXingでは追い回してもコールバックを得られませんでしたのでひっくりしてそれ以来CWのとりこになってしまいました。
就職、転勤、結婚、子育てのなかでうっかり免許を流してしまい、1994年1月にアパマンハムのJN6RZMで再開局しました。実家に建てたタワーは建て替えで実家の費用で処分してもらいました。CW onlyで楽しんでいましたがAPA-4に100ワットCWで7バンドでDXCCを達成し、ハムの行く末を探していました時に日本語版IOTA Directory 1997を購入して、IOTAリストを作成しDirectoryを何度も読み直しながらIOTAにのめり込みました。
26年もIOTAのおかげでハムライフを続けることができました。2016年に目標としていましたIOTA700で一段落し、IOTA支援にはいりました。このくらいまでがアパマンアンテナの限界のようです。しかし、2年前からIOTA-V/UHFカテゴリを目指すことにし設備をほとんど変えずに6mIOTAにCWでチャレンジしています。私も後期高齢者に近付いてまいりましたので設備投資等はもう予定していません。
2023年1月の年次リスト締め時点で、JAの皆さんのおかげで3期連続IOTA申請者数世界一位を達成し、さらにIOTA V/UHFカテゴリにおいても申請者数世界一位を達成しました。今年に入り少々申請者が停滞気味です。ぜひ大野さまもご支援ください。
今はIOTAの件数を増やすことよりもどうやって健康をキープするかの方にウエイトが高くなっています。100歳までボケずに歩ける身体づくりに努めております。

今回も出来ませんでした。やはりVHFは難しい(思い知ってるはずですが hi)

BWTさん、こんにちは
私も同様です。お互い長生きしてまたチャレンジできると考えたほうがよさそうです。

ところで中嶋さんのウエブでも案内されています「6mのニーズアンケート」にぜひご協力ください。時田OMにはもっともっと刺激を注入させていただきたいと思います。6mの有志がAll JA-IOTA-V/UHFの未交信をまとめようとされています。
私なんか玄関ドアを開けるとAS-012 Noko Islandが見えるのですが2年半を経過するもまだ運用がありません。自分で行った方が早いかもしれませんが、6mの移動用免許とリグがありません。ハイ

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SA-010 PR0T Trindade & Martim Vaz Island plan | トップページ | IOTAコンテスト2023結果 »