World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »

2023年10月

2023年10月31日 (火)

ミステリーIOTAでごめんなさい

この朝に千葉のOMさんから「ミステリーIOTA」のタイトルで前記事に関しての申し込みをいただきました。すぐに一昨日の横浜のOMさんとともに2名を発信者の彼に報告しました。千葉のOMさんはKH6と思ったと書かれていましたが、追記に書きましたKL7です。2020年でストップしましたWanted listですが、データ協力の65名へは2019年12月16日にそのファイルをメールにてお送りしています。

未交信者が31名ですので確認すればすぐにわかると思います。

ミステリーがミスとならないよう、ご本人の彼にも早く発表していただきたいと申し上げておきました。

なお、栃木県のOMさんからも挙手をいただきましたが、残念ながらクレジット済みでした。その旨もご連絡済です。

さきほど島を調べましたが無人島です。私は1999年6月にドイツの地質調査学者のご夫婦のハムと交信してクレジットをいただいています。

横浜や千葉のOMさんの挙手を機関車に薪を放り込むように彼に伝えました。きっともっともっと燃えてくれると思います。

読み直すと随分とベールをまくり上げてしまいました。でもここまでが限界でしょう。(笑い)

【追記】

ドナーの要望があれば紙の特別QSLカードを作成し、1月20日くらいまでにvia JN6RZM宛へ(ただし、数量で変わることもあります)まとめて送ってもらうことなども交渉したいと考えております。昔から100パーセント提案を聞いてくれます。

個人的には未交信31名のパーフェクト交信をご支援したいと思っています。

詳しく調べたら有人島でした。教会やスーパーマーケット、警察もありました。おそらく宿泊設備があり、インフラもしっかりしているようです。漁業中心の産業のようです。

2023年10月29日 (日)

2023年12月のIOTAプラン

昨夜遅くに長年のお付き合いをしていますIOTAペディショナーからのメールが届きました。

今年の12月7-15日の間にIOTAペディションを実施するとの詳細内容です。その中に資金が足らないのでしょうか、私に次の協力を依頼されました。「10 ドル以上の事前寄付者に簡単な LoTW 確認を提供します」ということと、「まだ極秘に」との強い要望でした。

10年ほど前は私も未交信のIOTAが多く、すぐにやるよと返事して当ブログで報告しますと海外を含む50局くらいからドネーションが集まっていました。私がPayPal送金を初めて使用したのが2008年2月のSA-053 XR7Wでした。そのあたりまでは銀行振込で私にドネーションを送っていただき、まとめて1000円(2007年3月まで)または2000円(2007年4月1日から)の送金手数料を負担してペディショナーへ送金していました。

その後、徐々にPayPal利用が世界中でスタンダードとなり私がお金を集めることはほとんどなくなりました。交信済みドナーのQSLカードも私の住所にまとめて送ってもらい、ここから転送していました。IOTA friendsみんなで協力をして、まさに熱気むんむんのペディショナー支援でした。年間に5~6IOTAほどやっていました。

長い時間が経過しますと、私自身も多くのIOTAと交信しクレジット済みとなったため先導力もかなり落ちてしまいました。話を戻しすぐにIOTA Wanted list 2020を見つけ確認してみました。2021、2022と2023は更新していませんでした。コロナの影響でペディショナーの活動が止まっていたためです。そういう意味でもCovid19を乗り越えてそのチームは本格的に動き出そうとしているようです。

Wanted list 2020では65名の参加中、31名が未交信でした。かなり多い方です。私が31名の方へ届いたメールを転送してヒヤリングにより進めればよいのですが、彼に公開OK時にご自分でメールを送ってもらうなども考えましたが、ペディション準備モードに入っておられるだろうと思われます。そのためにこのような記事を掲載しました。

IOTA番号もわからずこのような不思議なブログ記事を書かなければいけなくなりましたが、私を信じていただける方はメールで10USDくらいいいよとご一報いただければ助かります。もちろん、その方の交信済み、未交信を返信させていただきます。一週間後の11月5日日曜日までに締めて彼に一報を入れさせていただきます。もちろんドナーが多い方が運用実施の確率は高くなると思います。

こんなことをしなくてもEU/Wの方から漏れて届くかもしれませんね。12月15日に終了して、即時にIOTA validation teamへエビデンス提出し、ドナー分のみのLoTWを登録すれば30日後の1月下旬にクレジットを得られるスケジュールでしょうか。

11月1日からVE3LYCにより実行されるペディションもおそらく参考にされていると思います。私の方は少しの手間はかかりますが、彼の方にはアバウトながら、JAからのドナーを明らかにできるのでありがたいと思います。積極的なお問い合わせとご協力をお願いいたします。

ちなみにこのIOTAの最終運用は2005年7月です。

【追記】

この朝に横浜のOMさんから「いの一番」のお申し込みをいただきました。時代錯誤の上記文章をなんとか理解していただきました。当時は定額の数ドルならば110円メールに同封して送ることが多かったようですが、10USD以上の高額のドネーションのみを送る方法が難しい環境でした。2007年3月までは1,000円の手数料でJPの定額小為替で各人分をまとめて、4月からは2,000円に値上げされました。

さらにQSLカードも一括でvia JN6RZMへ送ってもらいました。PayPalやOQRS利用が当然の時代になり、まとめる方法は消えていきました。その昔の感覚で届いたメールでした。小出しになりますが、KL7です。横浜のOMさんは「早目のクリスマスプレゼントとして期待しましょう。
山本さんからGOサインが出たら〇〇さんへの送金を行います」との嬉しいご返事をいただきました。

12月15日に運用終了後、マッチングシステムの30日間が間にはいりますのでどうしても1月20日過ぎのクレジット取得になります。1月31日締めのタイミングを外さないようお願いいたします。

2023年10月28日 (土)

IOTA申請者数の4年連続世界一位にご理解ください

2021年1月末締めのIOTAリストにおいて、それまで30年以上続いていましたIOTA申請者数世界一位の座をJAがWを逆転して奪いました。当時はトップ記事として当ブログでPRしました。他は何もなかったと思います。(笑い)

https://jim0836.wixsite.com/iota/al2023

1_20231028170901

感覚的にDXCCもWが一番だからIOTAもWが一番という感覚がずっとずっと続いていました。しかし、JA-IOTAチェイサー皆さんのご協力により見事にその感覚を打ち破り「IOTA申請者数世界一位」を獲得しました。獲得と書きましたがもの自体はありません。評価もほとんどないかもしれません。しかし事実です。

その後、上記の図の通り2022年1月締めリスト、2023年1月締めリストと3年連続とIOTA申請者数世界一位をキープしています。その間、2023年1月締めリストにおいてはJAの申請者数減少(-5)に対し、二位のWは増加(+4)とその差を9件縮めてきました。また同時にJA-IOTAはV/UHFカテゴリにおいてイタリアを抜き去ってこのカテゴリでも申請者数世界一位になりました。

JAの頑張りがCP JAの中嶋さんのIOTA LtdのG3KMA Rogerさんへの報告により、①HFカテゴリとV/UHFカテゴリの同時申請によるクレジットの合算による申請料の低減、IOTA-V/UHFにその促進のためにIOTA-V/UHF50が新設されました。ただし、アワードはなく、IOTAリスト掲載もありません。しかし、3大陸獲得でIOTA-V/UHFの中段階としてステップアップのために利用できることになりました。

世界一位になられたJA-IOTAグループが新しい運用のルール決定に寄与していると感じられるようになりました。

ところで、11月1日からVE3LYCによるOC-155 V62P Pulap AtollとOC-299P V62S  Satawal Atollの運用が開始されるために10月26日にVE3LYCはカナダのトロントを立ちました。このウエブは次のURL通りです。

https://v6iota.weebly.com/

世界中のとても困難なIOTAからいつも運用してくださるVE3LYC Cezarさんですが、今回のウエブの支援状態に従来の彼のウエブとは大きな違いが二つほど見つけることができます。Wが圧倒的なのです。

一つは事前ドナー数です。IOTA申請者数一位のJAのドナーは24名です。二位のWはなんと50名(2023年10月28日現在)と2倍です。ウエブの訪問件数は3倍です。実は前回のVE3LYCのIOTA DXpeditionは前回のコロナ前のOC-298 TX0T(2020年11月)やOC-297 TX0M(2018年12月)などのここ数年はJAのドナーが一番多かったのです。私はドナー支援のためリスト管理をしています。

もう一つはグループドナーの数です。いままで聞いていなかったようなWの各州のDX clubのドネーションロゴを数多く確認できます。明らかにOC-155とOC-299Pのペディションにおいてはムード上ではWが完全に逆転し力の入れようがいままでと異なることがわかります。

先日もご報告しました通り、5年間未申請候補者が19名おられ、中嶋さんのご協力をいただき、本日10月28日にメールアドレス不明の4名にupdate申請のお願いを郵送で送りました。14名は24日から26日にメールにてお願いメッセージを送りました。1名は残念ながらSKとのご報告をいただきました。また、メッセージ郵送の1名はすでに免許が切れていましたが確認のために送付しました。

一つにご友人に積極的にIOTAの面白さをPRしていただきMatchingシステムを利用することにより簡単に申請できるようにお伝え願いたいこと。二つにお知り合いの5年間未申請候補者にも温かいメッセージを送っていただければ助かります。

2024年1月末締めリストは2月20日頃に発表されます。4年連続世界一位の美酒で乾杯しましょう。

ちなみにWのCPは3人で担当されています。私がIOTAを初めた1997年以前から変わっていません。JAは中嶋さんお一人です。もっともっと関心を持っていただく方が出てくるとありがたいですね。

 

2023年10月23日 (月)

5年間未申請候補者への連絡準備完了

IOTAプログラムのルールには5年間未申請となられた局をIOTAリストから削除されることになっています。JAでも毎年20名前後おられます。SKとなられた局、IOTAチェイシングを辞められた局、申請をうっかり失念してしまった局などです。当然ですが、うっかり失念の方へ連絡して翌年1月31日までにupdate申請をしていただくようにお願いしています。毎年10月27日に個別にメールにて連絡を5年ほど続けています。

3年ほど前からCP JAからも12月中にお知らせのメールを差し上げていただいております。昨年からメールアドレス不明の方へは郵送で送りました。2022年の昨年は5年未申請候補が10月27日時点で20名おられました。結果は9名がうっかり失念からupdate申請をしてくださいました。その以前もおおむね同じく半分近くがupdate申請されています。

IOTA CP JAウエブの2023進捗より対象局をコピーします。姓名、メールアドレス、メルアドなしの場合は住所を加えます。

 1 47 397 JL7BRH 880
 2 96 705 JG1UKW 614
 3 111 795 JA1FVS 530
 4 116 809 7K1CPT 514
 5 136 952 JA1WTI 389

 6 148 1003 JA2ACI 340
 7 149 1010 JA3PNN 335
 8 159 1031 JA0HWF 323
 9 183 1130 JA7ZP 267
10 184 1135 JE6TSP 262

11 200 1248 JL2KEQ 206
12 212 1318 JA5CDL 169
13 214 1328 JG5RVQ 161
14 225 1382 JA8XOD 126
15 229 1399 JR7ASO 113

16 231 1411 JS1IFK 110
17 249 1459 JA7EPO 109
18 256 1482 7N4GIB 102
19 259 1495 JQ1CIV 100

メールメッセージは現在のIOTA申請者数世界一位とIOTA-V/UHFも申請者数世界一位となり数年一位を続けていることと5年間未申請ルールの説明を行い、そのリスト削除の回避のためマッチングによるupdateとupdate申請をお願いする内容です。

メールアドレス不明が4名おられますのでその郵送コストが少々痛いですが、準備ができましたので10月27日(金)午前中に発信いたします。目標は全員update申請です。IOTA世界一位をキープして継続したいです。
 

2023年10月22日 (日)

OC-186 YB2/IK1TTD Menjawakan Island終了

2023年10月22日の日本時間午前1時からの運用サービスはクラスターには上がりませんでした。
すべてのクラスターレポートを確認すると運用は日本時間の午後5時から午後5時半までが1回あっただけ。午後11時だから翌日の午前3時過ぎの運用がメインでした。身体がイタリア時間で運用サービスをEU中心でやっていたが後半はばてたという感じですね。

やはり島の電源は宿泊したResortも制限を受け、上記の運用時間帯を繋いだ日本時間午後5時から翌日午前5時までの12時間が電気の通電時間だったようです。発電装置の燃料の問題です。明るいうちは電気を使わない島が多いようです。

Facebookの投稿記事も後半は島民との交流が多くなっていました。OC-186は3~5年に1回くらいの運用期間です。交信できなかった方は5年ほど健康に留意され我慢してお待ちください。また、サポートさせていただきます。

2023年10月21日 (土)

IOTA-V/UHFの申請者2名増加

IOTA Check Point JAウエブの「2023申請進捗」において、IOTA-VHF100超に1名、50超に1名ずつ新規の申請者があったようです。仲間が増えたようです。とても嬉しい出来事です。

https://jim0836.wixsite.com/iota/app2023

Iota-list-20231019

最下部のグリーンマーカーの部分です。100以上は13名が14名へ、50-99は8名が9名となりました。100以上の方は50-99の欄に減少がありませんので、まったくの新規ではないかと思われます。私のローカルのJA6エリアのOMさんかもしれません。50-99も1件増えられました。先日にCP JAの中嶋さんが50Workedに到達とご報告をいただいていましたのでクレジット50に到達されたのかもしれません。

いずれにせよ明細は2024年2月下旬にならないと発表されません。

1か月ほど前にIOTA-chasers Forumに投稿されたK9RRのメッセージに「10月にドイツで開催されるハムフェアで再びNew IOTA誕生の発表を」とありました。これは5年前の特例で6件のNew IOTA誕生6件を発表されたので今回も期待されて書かれたようです。今回はNew IOTA誕生のリクエスト募集は9月にされませんでしたので無いと思います。

いずれにせよHFでもV/UHFカテゴリでも新規のIOTA申請者が増えることはJA-IOTAの成長を意味するものです。ADIファイルを登録してマッチングをかければ3~4年くらいDXを楽しんでおられている方はJA分IOTAを加算してIOTA100には到達可能と思います。ご一緒にIOTAチェイシングを楽しみましょう。

OC-186 YB2/IK1TTD Menjawakan Island残り1日

この深夜は「最後のもがき」と思えるように14Z台から21/28MHzCWを中心に17Z過ぎまでサービスされました。ベトナムからのレポートはありましたが、JAからのレポートはありませんでした。

 Callsigns YY/MM/DD UTC FREQ Remarks Reporter
==========================================================
YB2/IK1TTD 23/10/20 1709Z 14033.0 IK2JUB
YB2/IK1TTD 23/10/20 1634Z 21035.0 Vy vy weak in N/E of F- TKS F5AKL
YB2/IK1TTD 23/10/20 1626Z 21035.0 Meniawakan Island IOTA OC-186 IU1LCU
YB2/IK1TTD 23/10/20 1621Z 21035.0 OC-186 IT9IDR
YB2/IK1TTD 23/10/20 1614Z 21035.0 OC-186 CQing not busy simplex F5JNX
YB2/IK1TTD 23/10/20 1613Z 28035.0 IOTA OC-186 Meniawakan Island IQ1LA
YB2/IK1TTD 23/10/20 1609Z 21035.0 OC-186 IK2RLS
YB2/IK1TTD 23/10/20 1557Z 21035.0 IOTA OC-186 IZ1EKR
YB2/IK1TTD 23/10/20 1522Z 28035.0 OC-186 Menjawakan Isl. IK2RLS
YB2/IK1TTD 23/10/20 1505Z 28035.0 IK2JUB
YB2/IK1TDD 23/10/20 1503Z 28030.0 tnx sry fermy bd cw 599 I0KNQ
YB2/IK1TDD 23/10/20 1454Z 28030.0 oc 186 IK2ILH
YB2/IK1TTD 23/10/20 1444Z 21030.0 XV9G

Menjawakan Islandと本島であるKarimunjawa Islandとの交通手段は掴めませんがおそらくKura Kura Resortのチェックアウトは10時で、本島に戻る船の時間は11時~正午くらいでしょう。そのように予測すると次の早朝の運用はかなり厳しいと考えられます。

また、Facebookのコメントへの返答などはありませんでした。

2023年10月20日 (金)

OC-186 YB2/IK1TTD Menjawakan Island残り2日

残念ながらこの早朝の運用は確認できませんでした。その24時間前の昨早朝のレポートは、
「YB2/IK1TTD 23/10/18 1537Z 28063.0 Cq Cq Iota OC-186 IU1HHH 」のみでありました。10月8日に島に到着したときはイタリア時間のままで16-18Zの運用もそんなに苦痛ではなかったようですが、徐々にYB時間に身体が慣れてしまい、16Zからの運用が苦痛になったのではないかと思いました。

明日と明後日の早朝の残り2日になりましたが、最終日は片付けなどで運用はとても厳しいのではないかと思います。次の16Zが最後のチャンスと思います。しかし、体調的にイタリア時間とYB時間で調子が悪くなっているのではないかと推察します。奥様の許しを得て、突然に08Zくらいから運用されることも確率として少しあるような気がします。

可能性は限りなく厳しいと判断します。でも、...。

Oc186-3

現地のIK1TTDとのmessengerによるやり取りです。4日前にメッセージ1を送りメッセージ2の返信がありました。メッセージ3を先ほど送りました。具体的にコールサインも掲載しています。返事があれば...。

【追記1】

Facebook messengerの上記3つのメッセージを確認しました。
私が最初に発信したメッセージ1 2023年10月15日 日曜日 17:47(JST)
IK1TTDからの返信メッセージ2    2023年10月15日 日曜日 20:41
本日の私が発信したメッセージ3   2023年10月20日 金曜日 9:39

なんと15日午後6時前に発信した私のメッセージに3時間後の午後9時前に返信していました。ならば細微の追い込みでこの時間に運用できないものかと思いました。奥様に配慮していると思われます。2回目の返信メッセージを期待します。

【追記2】

WJLさんが交信できたことをお伝えしてメッセージに対して本日に「いいね」をクリックしてくれました。オンエアサービスしてくれると本当にいいねを送りたいです。JA-IOTA friendsに関しては意識はしてくれているはずです。

Oc186-4

2023年10月18日 (水)

OC-186 YB2/IK1TTD Menjawakan Island残り4日

この早朝には表題の運用レポートが上がりませんでした。IK1TTDのMenjawakan Island旅行の目的は奥様サービスが主のようです。Facebookの写真では幼児二人が加わった家族構成であることがわかります。子供二人を預けて2週間を超える旅行です。無線運用サービスの目的は1割もないかもしれないホリデースタイルです。

IOTA-YB Needed List上ではOC-186に7名の未交信がおられましたがすでに4名が交信を済まされたようです。冒頭に書きました通り夜中運用がメインです。ただし、毎晩はしないようです。残り4日間となりましたのでクラスターレポートからさらに運用予想を分析してみます。

 Callsigns YY/MM/DD UTC FREQ Remarks Reporter
=======================================================
YB2/IK1TTD 23/10/16 1734Z 14030.0 oc-186 F8GQO
YB2/IK1TTD 23/10/16 1714Z 14029.9 OC-186 EI7BA
YB2/IK1TTD 23/10/16 1709Z 14030.0 ON8VA
YB2/IK1TTD 23/10/16 1704Z 14030.0 Meniawakan Island IOTA OC-186 IZ1OST
YB2/IK1TTD 23/10/16 1649Z 14030.0 iota OC-186 IQ1LA
YB2/IK1TTD 23/10/16 1639Z 14030.0 tu... OC-186 IQ8DO
YB2/IK1TTD 23/10/16 1631Z 14030.0 G4PVM
YB2/IK1TTD 23/10/16 1622Z 14030.0 OC-186 tnx! JA6WJL-#
YB2/IK1TTD 23/10/16 1615Z 14030.0 F5XX
YB2/IK1TTD 23/10/16 1605Z 14030.0 IK1YDB
YB2/IK1TTD 23/10/16 1603Z 14030.0 I1HJT
YB2/IK1TTD 23/10/15 1216Z 14018.0 nw qsy IK1QBT
YB2/IK1TTD 23/10/15 1214Z 14012.0 iota OC IK1QBT
YB2/IK1TTD 23/10/13 1723Z 14012.0 IOTA OC-186 IK1QBT
YB2/IK1TTD 23/10/13 1718Z 14012.0 JOS wong italy ono neng jowo YC1TCA
YB2/IK1TTD 23/10/13 1716Z 14012.0 MNY TNX YC1TCA
YB2/IK1TTD 23/10/13 1709Z 14012.0 CW - Giampi from Karimun jawa IU1OPK
YB2/IK1TTD 23/10/13 1633Z 14012.0 CW - ciao Giampi, 73! IU1OPK
YB2/IK1TTD 23/10/13 1602Z 10108.0 OC-186 IK1QBT
YB2/IK1TTD 23/10/13 0829Z 28010.0 OC-186 JA1NQU-9
YB2/IK1TTD 23/10/13 0818Z 28010.0 IOTA OC-186 JF7RJM-#
YB2/IK1TTD 23/10/12 1733Z 14012.0 Tks Giani 73 CT7BIZ
YB2/IK1TTD 23/10/12 1725Z 14012.0 (((CQ))) IZ8XXE
YB2/IK1TTD 23/10/12 1659Z 14012.0 IK1LQA
YB2/IK1TTD 23/10/12 1640Z 14034.9 CW IU1JCZ
YB2/IK1TTD 23/10/12 1635Z 14035.0 IOTA OC-186 IZ1EKR
YB2/IK1TTD 23/10/11 1811Z 14012.0 IOTA OC-186 IK1QBT
YB2/IK1TTD 23/10/11 1806Z 14011.9 IK1PMR
YB2/IK1TTD 23/10/11 1756Z 14012.0 cq XV9G
Searched until 23/07/02 , if you need more search please set "Search before" and search again .

①CW運用のみである。ご本人がCWを好きであること、夜中中心の運用のために奥様を気遣って音が聞こえないCWでいるのでしょう。

②11日(水)早朝 14MHzCW、12日(木)夕方28MHzCWと13日(金)早朝10/14MHzCW、15日(日)14MHzCWと16日(月)早朝14MHzCWと運用されています。したがって14日(土)と17日(火)と18日(水)早朝は運用していません。

12日夕方の28MHzはレポート直後に聞きましたが私のところにEUが強力に入感していました。おそらく島の火力発電が18Zから08Zの間、配電されていないと思われます。奥様から要望されて08Z以降から16Zまでは拝殿はあるが運用を停止しているのではないかと考えます。

③土曜の夜はResortや島側のイベントがありそうです。したがって22日(日)の早朝は運用の確率は低そうです。チェックアウトの準備もアンテナなどの撤収もするでしょう。したがって、夜中の運用は19日(木)と20日(金)の早朝のどちらか、あるいは両方になるのではと予想します。

 

2023年10月17日 (火)

OC-186 YB2/IK1TTD Menjawakan Islandお見事

朝5時過ぎにクラスターを確認しました。

 Callsigns YY/MM/DD UTC FREQ Remarks Reporter
===========================================================
YB2/IK1TTD 23/10/16 1734Z 14030.0 oc-186 F8GQO
YB2/IK1TTD 23/10/16 1714Z 14029.9 OC-186 EI7BA
YB2/IK1TTD 23/10/16 1709Z 14030.0 ON8VA
YB2/IK1TTD 23/10/16 1704Z 14030.0 Meniawakan Island IOTA OC-186 IZ1OST
YB2/IK1TTD 23/10/16 1649Z 14030.0 iota OC-186 IQ1LA
YB2/IK1TTD 23/10/16 1639Z 14030.0 tu... OC-186 IQ8DO
YB2/IK1TTD 23/10/16 1631Z 14030.0 G4PVM
YB2/IK1TTD 23/10/16 1622Z 14030.0 OC-186 tnx! JA6WJL-#
YB2/IK1TTD 23/10/16 1615Z 14030.0 F5XX
YB2/IK1TTD 23/10/16 1605Z 14030.0 IK1YDB
YB2/IK1TTD 23/10/16 1603Z 14030.0 I1HJT

お見事です。さすがですね。JA6WJLさんが交信に成功されたようです。しかもこの朝の午前1時20分過ぎです。さすがさすがと叫んでしまいました。

友人のI1HJTやG4PVMもレポートをあげていました。FacebookのMessengerにメッセージを書き込みましたがまだ開封されていませんでした。それで16日投稿のメッセージのコメントに「Shuji Yamamoto For OC-186 operation. thanks for making a contact with my friend JA6WJL!」とお礼を書き込んでおきました。

幼児二人を残して夫婦二人での旅行のようです。とても高価なResortに2週間も滞在しています。運用はほとんどが1600-1800z台の時間です。クラスター上ではJA局2局が28MHzCWで0800-0830zにレポートをあげています。YBならば朝や昼間でもオープンすると思えるのか、やはり電源の制約がありそうです。過去のYB-IOTAではホテルが明るい時間は島中の発電機を停止しているケースが多だありました。

22日までとのことですが、残りは18日早朝から21日早朝までがQSOチャンスと考えたほうが良いかもしれません。IOTA-YB Needed ListでのOC-186未交信者は7名でしたが4名が交信に成功されました。

【追記】

残念ながら、その後の返信はFacebook messengerにも書き込み記事へのコメントにも反応はありません。イタリアからインドネシアのジャワ島の離れ島の高級リゾートに幼い二人の幼児を預けて2週間も夫婦で来られています。おそらくXYLさんへの感謝の旅行ではないかと思います。そのため、1600Zに起きて毎晩イタリアの友人をメインにOC-186をサービスしていると推察します。

要は交信を希望される場合は16Zから起きて14010‐14030周辺をワッチするしか方法はないようです。最長18Zでしょう。皆様の幸運をお祈りします。

2023年10月16日 (月)

OC-186 YB2/IK1TTD Menjawakan Island攻略

10月15日の夜から16日早朝に網を張られた方もおられたようですが、残念ながらGianpiさんは出てこられなかったようです。

日本時間の午後4時くらいにFacebookに新しい投稿がありました。1つの動画と2枚の写真ですが、動画はAIR FAST INDONESIAの操縦席から撮影したKarimun Jawa島への着陸時の操縦席後方から写したもの。写真は降り立ってその小型飛行機の前で夫婦で写ったものと乗客室シートにて夫婦で写った写真でした。

コメントはせずにいいねのみ。Facebook messengerにIOTA-YB Needed List 2023を添付し、OC-186のニーズと未交信局のコールサインを伝えました。過去の経験でNeeded listの添付ファイルはここまでやっているんだというてインパクトを与え何度も役に立ちました。イタリアを中心にEU方面ばかりではなく、JAもIOTAチェイシングが盛んであることを伝える効果を期待できます。

基本的に昨日と同じ回答になる可能性もありますが1mmでも近づける努力をいたします。

なお、ローカルのBPGさんからもお電話をいただき、6m運用提案のお話もしました。HFでサービスしていただければ、すぐに6mの提案もするつもりです。22日まで残り1週間を切りました。

Ik1ttd-1

2023年10月15日 (日)

OC-186 YB2/IK1TTD Menjawakan Islandを詳しく調べてみました。

10月8日から22日までの運用とQRZ.comに掲載されています。IOTA-YB Needed Listでは7名の未交信ですが、すでに3名の方からWorkedのご報告をいただきました。QRZ.comに島の写真が掲載されていましたので調べてみることにしました。

島名のenjawaran IslandはIOTAウエブのOC-186のIslandsリストには掲載されていません。今回のIK1TTDが事前にIOTA validation teamへ申告して再度終了の報告と同時にOC-186のIslandsリストに追加されて受け付けられることになります。

Oc186-2

OC-186全体のMapです。日本時間JST+1です。黄色丸で囲んでいる島がMenjawakan Islandです。東側の大きな島がKarimun Jawa Islandでこの諸島の中心の島です。黄色丸の中に赤い文字が見えます。「Kura Kura Resort」とあります。

https://www.agoda.com/kura-kura-resort/hotel/karimunjawa-id.html?site_id=1829964&tag=86b3b93e-3d3b-4877-aacb-64f0cc0e0a9a&gad=1&device=c&network=g&adid=359323197513&rand=6434581575645013235&expid=&adpos=&gclid=CjwKCAjw-KipBhBtEiwAWjgwrPsoZR5sS01EFkLO5jGBY82nZ_y8DZm9TLO6jmVTEfNguPPKsKtUUxoCyOAQAvD_BwE&pslc=1

EUを中心に海外からのお客もいるようです。

過去のYB-IOTA DXpeditionの経験ですが、電気は島ごとに火力発電機が設置してありました。日本製の発電機がほとんどのようですが、燃料が必要です。その制限のために日本では信じられないかもしれませんが通電時間の制限が多くの島でありました。時間帯は暗くなる時間帯の前後+1時間が多かったと思います。今の季節ならば日本時間の17時から朝の7時くらいでしょうか。もちろん設備や季節などで変わります。

Kura Kura Resortはd宿泊料金も高いので24時間フルに通電しているかもしれません。客がいない、少ない時などに時間制限を設ける可能性も考えられます。

そこでここ数日のクラスターレポートを確認してみます。

Callsigns YY/MM/DD UTC FREQ Remarks Reporter
===============================================================
YB2/IK1TTD 23/10/13 1723Z 14012.0 IOTA OC-186 IK1QBT
YB2/IK1TTD 23/10/13 1718Z 14012.0 JOS wong italy ono neng jowo YC1TCA
YB2/IK1TTD 23/10/13 1716Z 14012.0 MNY TNX YC1TCA
YB2/IK1TTD 23/10/13 1709Z 14012.0 CW - Giampi from Karimun jawa IU1OPK
YB2/IK1TTG 23/10/13 1706Z 14012.0 OC-186 DL9NC
YB2/IK1TTD 23/10/13 1633Z 14012.0 CW - ciao Giampi, 73! IU1OPK
YB2/IK1TTD 23/10/13 1602Z 10108.0 OC-186 IK1QBT
YB2/IK1TTD 23/10/13 0829Z 28010.0 OC-186 JA1NQU-9
YB2/IK1TTD 23/10/13 0818Z 28010.0 IOTA OC-186 JF7RJM-#
YB2/IK1TTD 23/10/12 1733Z 14012.0 Tks Giani 73 CT7BIZ
YB2/IK1TTD 23/10/12 1725Z 14012.0 (((CQ))) IZ8XXE
YB2/IK1TTD 23/10/12 1659Z 14012.0 IK1LQA
YB2/IK1TTD 23/10/12 1640Z 14034.9 CW IU1JCZ
YB2/IK1TTD 23/10/12 1635Z 14035.0 IOTA OC-186 IZ1EKR
YB2/IK1TTD 23/10/11 1811Z 14012.0 IOTA OC-186 IK1QBT
YB2/IK1TTD 23/10/11 1806Z 14011.9 IK1PMR
YB2/IK1TTD 23/10/11 1756Z 14012.0 cq XV9G
Searched until 23/06/29 , if you need more search please set "Search before" and search again . 

0818Zと0829Zが一日の始まり。この後は長いディナーが待っていることでしょう。次は1635Zに再開して1811Zに終了しています。現時点ではこの二つの時間帯(1718-1729JST & 0135-0311JST)のみの運用です。曜日によってや、宿泊客の大小などで動く可能性もありそうです。JA1NQUさんのメールでは信号が弱かったとご報告をいただいています。バッテリー運用を利用している可能性もあります。

ご参考ください。

【追記1】

FacebookにIK1TTDの画面ページを見つけました。OC-186への旅行記事が掲載されていました。私とJA IOTA friendsがあなたのOC-186と交信従っていますよとメッセージを書き込んでおきました。反応があると思います。現地と直接やりとりができるでしょう。

Ik1ttd

【追記2】

上記画面の下に24時間ほど前に島から投稿された写真とメッセージに次の通り発信しましたら、返事をいただけました。

Shuji Yamamoto
I and my JA IOTA friends would like to make a contact with your OC-186. de JN6RZM Shu
返信する
3時間
編集済み
Gianpaolo Benini
Shuji Yamamoto always on air around 16-20 utc around 14.010-14.020
返信する
12分

イタリアを中心にEUへ毎日サービスをこの時間に行っているようです。Facebookを利用されている方は「Gianpaolo Benini」で検索すれば彼の画面ページを開くことができます。上記書き込みも見れますし、ご自身で彼へメッセージを送りおそらくチャットも可能です。Facebook未利用の場合はダウンロードすれば即時に利用できます。

今夜と明朝はEUの日曜日ですのでIK1TTDも頑張ってサービスされると思います。頑張ってください。

ブログを書いている間に出てきました。おそらく夜中中ずっとサービスするのでしょうか。

YB2/IK1TTD 23/10/15 1216Z 14018.0 nw qsy IK1QBT
YB2/IK1TTD 23/10/15 1214Z 14012.0 iota OC IK1QBT  

 

 

 

6年前のIOTA Meeting 2017 in 大宰府 with YB3MM

Facebookの思い出コーナーから、6年前の今日10月15日の記事が紹介されました。

Yb3mm-5-yrs-ago

左からJE6HCL、YB3MM、JE6HID、JN6RZM

2013年にYB3MMとW2FB SteveさんがIndonesian Islands Hunter Group(IIHG)を立ち上げ、まずはNusantara Award発行を行うことによりYB局の活性化を目的にスタートしました。私はYB3MM Adhiさんから推薦をいただき、JAの支援役を担い第一号のNusantara Award #008をいただきました。JAのIOTA friendsはこぞってAward取得の協力をいただきました。ルール的にはIOTAのYB版と位置付けられます。

YB3MMを始め、YE1AR(ex YF1ER)、YB4IRなどが毎月のように移動運用を実行しました。しかし、IOTA本体のMatchingシステム提供などがはじまり、同等に対応できない面や、Nusantara Awardに続く第3、第4以降のAwardが発行されたためにインドネシアの郵便事情の悪さも絡み、事務処理の遅延が目立ち始めました。徐々に追加申請の頻度が落ち始めたようです。

YB3MMはスラバヤ市でトヨタのタイヤホイール製造の下請け会社を経営し、毎年1回ほどトヨタの会議や研修に参加すると言っていました。また名古屋の大学を卒業され、日本語はとてもお上手です。3年に1回くらいのペースにて社員と交互に来日されるそうです。この時も羽田に着いたらすぐに日本の郵便局へ向かい、JA向けのQSLカードをJARL bureauへ投函されたそうです。他の社員が来日の場合でも年1回投函するそうです。

羽田からわざわざ福岡へ飛んでこられました。このときは福岡、大阪、愛知県岡崎市の3会場でMeetingの企画をしました。大阪も岡崎もVery Welcomeで対応していただけました。福岡に来られたのはJN6RZMがNusantara Awardの追加申請をしなくなったのでその促進依頼にこられました。福岡空港で迎え、太宰府天満宮へ参拝に出かけました。JE6HCLさんが熊本県山鹿市から駆けつけるとのことで参加しやすくするために太宰府の和風レストランにしました。

JE6HIDさんも小倉から駆けつけてくれました。たくさんのお話がでました。一番記憶に残っているのはYB3MMとJE6HIDさんが51歳の同級生だったことです。ピタリ6年前ですから57歳になられるんですね。

私のYBの友人たちも2000年ころに知り合った皆さんはSKや行方不明です。YB9BUがお元気にお孫さんと毎日を楽しんでおられます。数日前にも記事をあげました通り、OC-021 YB3MM Jawa Islandの6m運用が始まりました。YB中をかなり動き回ってくれますので、6m運用の感覚をマスターされると必ずIOTA V/UHF DXpeditionの運用に発展されると思います。まずはたくさんのJAが6mで交信していただくことです。

2023年10月14日 (土)

YB-IOTA OC-186 YB2/IK1TTD Menyawakan Island 運用中

昨夕にJF7RJMさん、JA1NQUさんより表題のOC-186 YB2/IK1TTDとの28MHzCWによるクラスターレポートが投稿されました。

この朝に2020年から続けていますYB-IOTA Needed Listを確認し、OC-186未交信の7名へメールにて「ぜひ見つけて交信して欲しい」旨のメッセージを送りました。List上では7名の未交信ですが、すでに2局が交信してレポートをあげられたと判断しますので残りは5局です。ぜひパーフェクトで終わらせたいものです。

ちなみにQRZ.comのYB2/IK1TTDでは10月8日から22日(日)の2週間のホリデイスタイルの運用です。

Callsigns YY/MM/DD UTC FREQ Remarks Reporter
====================================================================
YB2/IK1TTD 23/10/13 1723Z 14012.0 IOTA OC-186 IK1QBT
YB2/IK1TTD 23/10/13 1718Z 14012.0 JOS wong italy ono neng jowo YC1TCA
YB2/IK1TTD 23/10/13 1716Z 14012.0 MNY TNX YC1TCA
YB2/IK1TTD 23/10/13 1709Z 14012.0 CW - Giampi from Karimun jawa IU1OPK
YB2/IK1TTG 23/10/13 1706Z 14012.0 OC-186 DL9NC
YB2/IK1TTD 23/10/13 1633Z 14012.0 CW - ciao Giampi, 73! IU1OPK
YB2/IK1TTD 23/10/13 1602Z 10108.0 OC-186 IK1QBT
YB2/IK1TTD 23/10/13 0829Z 28010.0 OC-186 JA1NQU-9
YB2/IK1TTD 23/10/13 0818Z 28010.0 IOTA OC-186 JF7RJM-#
YB2/IK1TTD 23/10/12 1733Z 14012.0 Tks Giani 73 CT7BIZ
YB2/IK1TTD 23/10/12 1725Z 14012.0 (((CQ))) IZ8XXE
YB2/IK1TTD 23/10/12 1659Z 14012.0 IK1LQA
YB2/IK1TTD 23/10/12 1640Z 14034.9 CW IU1JCZ
YB2/IK1TTD 23/10/12 1635Z 14035.0 IOTA OC-186 IZ1EKR
YB2/IK1TTD 23/10/11 1811Z 14012.0 IOTA OC-186 IK1QBT
YB2/IK1TTD 23/10/11 1806Z 14011.9 IK1PMR
YB2/IK1TTD 23/10/11 1756Z 14012.0 cq XV9G
Searched until 23/06/26 , if you need more search please set "Search before" and search again . 

10月11日に運用を開始し、14CW/28CW/10CWにてレポートが上がっています。また、過去にイタリアの局がYBの新しくできたリゾートから無免許で運用し騒ぎになったことがありますが、IK1TTD Giampiさんのウエブには免許取得やIOTA validation teamからIOTA運用の丁寧なアドバイスをもらったお話が書かれていましたので正式に許可をされているようです。

過去に10回ほど運用されています。3年に1回くらいのペースです。(Tnx JF7RJM & JA1NQU)

2023年10月13日 (金)

OC-021 YB3MM Jawa Island, he is looking for JA on 6mFT8

10月11日の正午過ぎにYB3MM Adhiさんからメッセージが届いていました。

Yesterday evening I was surrounded by JA stations in 6 meter FT8 mode 

Ybmm-6mft8

なんと昨日(10月10日)は6mFT8でJAsに囲まれていたそうです。ぜひ多くの皆様にコールしていただきたいです。すでにIOTA-V/UHFカテゴリにおけるアワード取得やHFカテゴリとは別に人気が高まりつつあることを伝えています。Adhiさんの住むスラバヤ市郊外のマランから90kmにOC-237 Madura Islandに橋が架かりましたのですぐに飛んでいけます。6mバンドを始められたばかりのようですので今シーズン、来シーズンと移動運用をしていただける可能性は十分にあります。

Callsigns YY/MM/DD UTC FREQ Remarks Reporter
==========================================================
YB3MM 23/09/11 1221Z 50313.0 FT8 CQ JH6BPG-#
YB3MM 23/09/10 1310Z 50313.0 FT8 CQ OI61 JH6BPG-#
YB3MM 23/09/07 1404Z 50313.0 FT8 CQ JH6BPG-#
YB3MM 23/09/07 1321Z 50313.0 FT8 CQ 1768Hz JG1TSG-#
YB3MM 23/09/06 1231Z 50314.7 FT8 JJ4DQY-9
YB3MM 23/09/06 1014Z 50313.0 FT8 1515Hz JG1TSG-#  

2024年1月末に対してのIOTA申請者中、5年間未申請候補は19名

表題の来年1月のIOTA年次締め時に5年間未申請を迎える局が19名おられます。毎年、10月27日までにリストを作り、お名前やメールアドレスなどを調べ、①IOTAルールの5年間未申請者のIOTAリストからの削除について、②Matchingリストを活用してぜひupdate申請をお願いしたいの2点を伝えています。あくまでも先鋒の第一弾で12月にはCP JAの中嶋さんよりCP JAからのご連絡メールを発信していただいています。

基本的な考え方はJAのIOTAを世界一位にしたい、そのためにIOTA申請者数増加を促し減少を抑える活動をしています。世界中にIOTA Ltdから任命されたCheck Pointが23名おられます。現在、その活動の質と量においてはCP JAの中嶋さんが質、量ともに最大であり最高でもあると断言できると思います。

そのサポートとして5年間未申請候補者へ毎年10月27日に連絡をさせていただいているということです。中嶋さんもほぼボランティアで300局に近いJA IOTAチェイサーのお世話をされています。諸物価の高騰に追いつくどころかじわりじわりと下がってしまう年金のとおり、IOTAのみならず、無線を楽しむことなどがますます厳しくなってきました。

19局の情報はIOTA Check Point JAのウエブから入手します。
https://jim0836.wixsite.com/iota/al2023
アニュアルリスティング2023の下部にJA-IOTAリストがあり、5年間未申請候補者19局はピンク色でマーキングされています。

前回の2022年は20名の5年間未申請候補者がおられましたが、この活動により9名がupdate申請へ進まれました。残念ながら11名はIOTAリストから外れることになりました。5年間未申請を失念されている方、すでにIOTAをされない方などを明確にします。復活もできますが、CP JAにご迷惑をかけますのでほぼお勧めしておりません。あくまでもupdate申請を丁寧に進めています。

すでに19名のリスト作成に入っていますが、最も困ることが(日本語の)お名前が不明、メールアドレスが不明の局がおられる点です。前回は1名に郵便でお願いの文章をお送りした経験があります。

もちろんピンクマーカーの該当局をご存知で声を掛けられる方がおられましたら、ぜひ個別に対応してくださるとありがたいです。

現在19名中、5名のメールアドレス(含むjarl.com)を確認できていません。少々苦戦しそうです。情報をお持ちの方はぜひご協力ください。

実は23名のCPで、欧米並びに欧米系でないのは中嶋さんだけです。さらにIOTA Ltdの5名の理事になられています。どうしても応援したくなります。はい。

2023年10月12日 (木)

YB9BU to JN6RZM, and to SM0MPV for his 750th QSL card

2023年3月に当ブログのYB9BU QSL supportを見つけられたSM0MPV Melさんから私宛へサポートの依頼をいただきました。数年前にやっていたYB9BUのQSLサポートをすぐにお願いしましたがあっという間に半年が過ぎてしまいました。9月の中旬に再度Melさんより私宛へサポートの依頼が届きました。「ご自分でYB9BUへmessengerを通して依頼してください」とYB9BUの連絡先を知らせました。

MelさんがYB9BUへ発信されたのを聞いて、たまたまYB9BUが書き込んだFacebookにSM0MPVがQSLのお願いメッセージを送ったので必ず確認くださいとコメントで入れました。

これが伝わり、3月の2回のメッセージには反応がなく、コメントに追加、追加で話をつけることができ、1週間後にOC-271 YB8XM/P Babar IslandのQSLカードが私に届きました。久しぶりにSweeden宛に110円切手を貼ろうとし、ウエブで確認しましたらSMは140円に値上げになっていることに気づきました。年賀状のお年玉切手シール84円と63円を貼って投函しました。ちょうど1週間後に下記メッセージが届きました。Google和訳です。

シュウさん、こんにちは。

あなたは私の一日を充実させてくれました! 本日、YB8XM/Pとの連絡を確認するカードが届きました。 それが確認された私の750番目の島群でした。 これで優秀賞盾を申請できるようになりました。

ただし、申請は1月末まで待ちます。 私は持っている
最近いくつかの新しい島で作業しており、V62P (OC-155) と V62S (OC-299) を操作するときに Cezar VE3LYC に連絡したいと考えています。

シュウさんのこれまでのサポートに対し、なんと感謝してよいかわかりません。 あなたが私のためにしてくれたことすべてをしてくれたことをとても嬉しく思います。 ありがとう

とても幸せなメルからの 73 - SM0MPV

MelさんはOZ/SM/LA/OHエリアのIOTA check pointです。このYB9BUのご厚意でIOTA750に到達し、1月に優秀の楯を申請されるそうです。そのうちMelさんともまた交流させていただく機会があると思います。

おめでとうございます! メルさん

2023年10月11日 (水)

国内運用のJA-IOTAの島名、英語表記探し

先般、兵庫県のJS3OMHさんがAS-206 本州沿岸東の愛知県西尾市の佐久島へ2時間程度の45Wバッテリー運用を企画中とご報告しました。IOTAの知識習得が進み、AS-206は上陸証明が必要なので「英語表記の島名」の相談を昨晩にいただきました。

西尾市観光課が作成したウエブにはたくさんの写真や行ってみたくなるイベントがたくさん盛り込まれていました。西隣の日賀島(ひかしま)はタコが有名ですが佐久島でもタコが食べれるようです。英語の島名探しを忘れるほど写真によるSAKU ISLANDを見つけることはできませんでした。

OMHさんへはウエブの最下段にある西尾市観光課の質問ができるメールアドレスに「求む、英語の島名」の相談をしていただくようお願いしました。島に住んでいる人でなければなかなか見つけづらいようです。

OMHさんからはその件を含め、CP JAの中嶋さんにお願いして和文でも証明していただけることはできないか、また船長に相談してサインをいただくことも相談してみますとの返事をいただきました。

このような国内のone day IOTA DXpeditionの証明取得の方法をお互い簡単にできるような体制が必要と思いました。特にV/UHFの運用では見過ごしてしまったIOTA運用がたくさんあるのではないかと思いました。

2005年11月にフィリピンの友人の4F2KWT Gilさんにお願いしてOC-175 Sarangani Islandへ行ってもらいDX0STのコールにて運用してくださいました。この時は船長からのサインをいただきました。なんとトイレットペーパーよりちょっと良い紙に英文で「私はサランガニ島まで運用する〇〇号の船長の〇〇です。Mr. Gilが2005年11月に当船でサランガニ島へ云々」らしきことが書いてありました。

その紙の写真を私が受け取り、当時RSGB IOTA CommitteeのG3KMAへ転送して承認されました。こんなことを引き受けて本当に驚きましたがよい経験をしました。

でもJA国内では英文の証明書に船長のサインをいただくのはなかなか難しいかもしれません。日本語の英文併記の書類でしょうか。いろいろ考えております。

【追記】

愛知県岡崎市のJM2LEIさんから佐久島へ行かれた時の写真を送っていただけました。すぐにJS3OMHさんへ転送しました。

Image0

この前に立った写真を写されれば大丈夫でしょう。一部周りの景色も入れたほうが良いと思います。ばっちりでしょう。(Tnx JM2LEI)

2023年10月10日 (火)

OC-021 YB3MM Java Island 6m antenna

丁度1か月前の2023年9月8日にYB3MM Adhiさんへ6mアンテナの写真を送ってくださいと下記のメッセージを送りました。ようやくご返事をいただけました。

Adhiさん、こんにちは
昨晩にJH6BPG Hideさんから連絡がありました。YB3MM Adhiさんと6mで交信ができたとたいへん喜んでいました。Adhiさんの近状も報告いただきました。
私たちJA-IOTA friendsはIOTA申請者数世界一位を目指して5年前から促進活動をしました。一昨年にUSAを抜いてトップになりました。
そのときにIOTA CP JAのJA9IFF JimさんがIOTA Ltdのオンライン役員会でHFカテゴリとIOTA-V/UHFカテゴリを同時に申請すれば合算したクレジット数で受け付けていただくよう提案し、その場でG3KMA Rogerさんが即決してくださいました。
そして2年連続でJAのIOTA申請者世界一位をキープしましたらG3KMAからIOTA-V/UHFカテゴリの3大陸50クレジットを新設すると報告がありました。ただし、リストは作らない、あくまでもIOTA V/UHFカテゴリの促進を目的とした追加とのこと。
がむしゃらにJAのIOTA-V/UHFの促進を行い、2023年1月末でV/UHFカテゴリも世界トップになりました。さらにIOTA-V/UHFも増やすよう活動中です。
私もやっていますが、まだYBからの6m信号を聞くことができません。ただし、CWとFT8のみです。ぜひYB3MMにてOC-021 Java Islandのクレジットを欲しいです。ご協力ください。IOTA-V/UHF Listing 2023を添付します。
Adhiさんの6mのアンテナの写真が欲しいです。JAの皆さんに紹介したいです。 

Iota-vhf-2023_20231010183101

Adhiさんからのご返事と「アンテナの写真」です。ただし、英文で戻りました。

I am using that kind of Yagi, made by friend YB1DYU
(below antenna is 80m 3 ele-yagi)
Adhi
Adhi Bimbo
Last evening not only JA, I contacted 8P, 9Y, YV and PJ2 (FT8 mode) for the first time 

387459519_269497302156624_85331691231524

親日家のAdhiさんですので6mでJAがオープンしたら必ずピックアップしてくださると思います。10月11月は6mに慣れていただきたいですね。YB3MMの6mサービスが開始されるときっとIOTA-VHFのDXpeditionを実行してくださると思います。楽しみです。

2023年10月 7日 (土)

AS-206 JS3OMH/2 Saku Island(Aichi pref.) plan 11月4日

この朝に兵庫県宝塚市にお住いのJS3OMH 倉田さんからメールがあり表題のAS-206 佐久島からのショートステイ運用を考えておられるとのことです。今のところ1500JSTから2時間くらいでWhipとバッテリー運用の45Wで考えられているようです。夕方のEUオープンに期待されているようです。きちんと事前のIOTA運用申請の手続きもされるそうで、今後のIOTA-VHF国内運用にも影響を与えられそうです。

佐久島は愛知県の三河湾のちょうど中央に位置しています。GoogleのStreetViewで散策しましたが夏は海水浴などで賑わっているようです。食堂や民宿などもたくさんあり、魚メニューの食べ物がおいしそうです。

まだプラン作成の段階のようです。愛知県や近県で6m/2mでIOTA V/UHFを狙っておられる方がおられましたら連絡されてご依頼されてはいかがでしょう。もちろんHFでも事前のお声がけをしてくださると良いのではないかと思います。

続報が入り次第、ご報告いたします。

 

2023年10月 3日 (火)

OC-271 YB8XM/P Babar Island 2012 QSLカード回収 from YB9BU

昨夕にYB9BUから表題のQSLカードが届きました。SM0MPV MelSさんの分です。

3月にSM0MPV Melさんから未回収のOC-271 YB8XM/PのQSLカード回収の支援の依頼をいただき、すぐにFacebook messengerにて数年前にYB9BUへメッセージを送りました。数年前に未回収のままの局からQSOデータを集め、YB9BUへチェックしてもらい、まとめてJN6RZMへ送るサービスをしていました。2013年くらいから郵便事情が悪化したために2020年春に連絡があり10数局を支援しました。

2年ほど経過してSM0MPVが私のブログ記事を見つけて連絡されたようです。3月に2回のお願いをYB9BUへ依頼しましたが返事がありませんでした。もう、対応はしてくれないのではと思っていたところ、半年後の9月にSM0MPVより再度確認があり、YB9BUへ再度トライしました。

見事に「まだやっている」との返事をYB9BUよりいただき、QSOデータを確認してもらうと、9月24日(日)に投函してくれました。10月2日(月)に到着しましたので1週間でBali島から届いた結果になりました。

Img_20231003_055620

SM0MPV Melさんへもこの朝に写真とともにおめでとうのメッセージで連絡しました。とても懐かしいQSLカードです。私がYB8XMへOC-157 Banda Island運用の依頼をしている中で多くのJA friendsのご協力をいただきOC-271が実現しました。見開きのQSLカードの中にご協力をいただいたJA各局のコールサインが並んでいます。

11月に運用されるOC-299 V62SへのJAの支援メンバーとは大きく変わってしまいました。ちょっぴり寂しい気分にもなります。

なお、YB9BU Kadekさんは「今後は直接SAE(返信用封筒)とQSLカードのみで請求して欲しい」と希望されました。

新しくIOTAを始められる方は2012年以前のYB局と交信されている場合はほぼ100%の確率でYB9BUのQSLマネジメントを受けると思います。事前にメール等でご相談いただいても結構です。

YB9BU本人のメッセージです。

「Ur welcome Shu-san 🙏
Bli
Bli Kadek Baja III
Any friends need Qsl cards of YB9BU management ??
Via Shu-san only QSO data - plus IOTA number - no SASE 🙏🙏」

【追記】

YB9BU Kadekさんへ報告しましたら、再びYB9BUのQSLカード取扱要領が送ってきました。

Any friends need Qsl cards of YB9BU management ??
Via Shu-san only QSO data - plus IOTA number - no SASE.

Direct into my address is OK :

YB9BU Kadek
P.O.Box 106
Singaraja 81100
Bali Island
Indonesia.

- Data QSO
- IOTA number
- SAE no GS

- No registered mail 🙏🙏 

ポイントは①GSを送るな、②書留もダメ と最終行にダメ押しで書いています。YBの送る場所で少し変化しそうですが、ジャワ島(YB0-3)は無くなる確率が低いようです。それ以外(YB4-9)はGS同封と書留は高い確率で紛失すると私は20年ほど前から判断しています。

なお、PayPayの口座利用方法は私の持っている福岡銀行や西日本シティ銀行及びゆうちょ銀行はすべて銀行口座登録をできませんでした。今後、追加されていくのかもしれません。そのため、YB局にPayPalの銀行口座を提案できかねます。数年後には可能になるかもしれませんね。

« 2023年9月 | トップページ | 2023年11月 »