World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« IOTA申請者数の4年連続世界一位にご理解ください | トップページ | ミステリーIOTAでごめんなさい »

2023年10月29日 (日)

2023年12月のIOTAプラン

昨夜遅くに長年のお付き合いをしていますIOTAペディショナーからのメールが届きました。

今年の12月7-15日の間にIOTAペディションを実施するとの詳細内容です。その中に資金が足らないのでしょうか、私に次の協力を依頼されました。「10 ドル以上の事前寄付者に簡単な LoTW 確認を提供します」ということと、「まだ極秘に」との強い要望でした。

10年ほど前は私も未交信のIOTAが多く、すぐにやるよと返事して当ブログで報告しますと海外を含む50局くらいからドネーションが集まっていました。私がPayPal送金を初めて使用したのが2008年2月のSA-053 XR7Wでした。そのあたりまでは銀行振込で私にドネーションを送っていただき、まとめて1000円(2007年3月まで)または2000円(2007年4月1日から)の送金手数料を負担してペディショナーへ送金していました。

その後、徐々にPayPal利用が世界中でスタンダードとなり私がお金を集めることはほとんどなくなりました。交信済みドナーのQSLカードも私の住所にまとめて送ってもらい、ここから転送していました。IOTA friendsみんなで協力をして、まさに熱気むんむんのペディショナー支援でした。年間に5~6IOTAほどやっていました。

長い時間が経過しますと、私自身も多くのIOTAと交信しクレジット済みとなったため先導力もかなり落ちてしまいました。話を戻しすぐにIOTA Wanted list 2020を見つけ確認してみました。2021、2022と2023は更新していませんでした。コロナの影響でペディショナーの活動が止まっていたためです。そういう意味でもCovid19を乗り越えてそのチームは本格的に動き出そうとしているようです。

Wanted list 2020では65名の参加中、31名が未交信でした。かなり多い方です。私が31名の方へ届いたメールを転送してヒヤリングにより進めればよいのですが、彼に公開OK時にご自分でメールを送ってもらうなども考えましたが、ペディション準備モードに入っておられるだろうと思われます。そのためにこのような記事を掲載しました。

IOTA番号もわからずこのような不思議なブログ記事を書かなければいけなくなりましたが、私を信じていただける方はメールで10USDくらいいいよとご一報いただければ助かります。もちろん、その方の交信済み、未交信を返信させていただきます。一週間後の11月5日日曜日までに締めて彼に一報を入れさせていただきます。もちろんドナーが多い方が運用実施の確率は高くなると思います。

こんなことをしなくてもEU/Wの方から漏れて届くかもしれませんね。12月15日に終了して、即時にIOTA validation teamへエビデンス提出し、ドナー分のみのLoTWを登録すれば30日後の1月下旬にクレジットを得られるスケジュールでしょうか。

11月1日からVE3LYCにより実行されるペディションもおそらく参考にされていると思います。私の方は少しの手間はかかりますが、彼の方にはアバウトながら、JAからのドナーを明らかにできるのでありがたいと思います。積極的なお問い合わせとご協力をお願いいたします。

ちなみにこのIOTAの最終運用は2005年7月です。

【追記】

この朝に横浜のOMさんから「いの一番」のお申し込みをいただきました。時代錯誤の上記文章をなんとか理解していただきました。当時は定額の数ドルならば110円メールに同封して送ることが多かったようですが、10USD以上の高額のドネーションのみを送る方法が難しい環境でした。2007年3月までは1,000円の手数料でJPの定額小為替で各人分をまとめて、4月からは2,000円に値上げされました。

さらにQSLカードも一括でvia JN6RZMへ送ってもらいました。PayPalやOQRS利用が当然の時代になり、まとめる方法は消えていきました。その昔の感覚で届いたメールでした。小出しになりますが、KL7です。横浜のOMさんは「早目のクリスマスプレゼントとして期待しましょう。
山本さんからGOサインが出たら〇〇さんへの送金を行います」との嬉しいご返事をいただきました。

12月15日に運用終了後、マッチングシステムの30日間が間にはいりますのでどうしても1月20日過ぎのクレジット取得になります。1月31日締めのタイミングを外さないようお願いいたします。

« IOTA申請者数の4年連続世界一位にご理解ください | トップページ | ミステリーIOTAでごめんなさい »

コメント


何となく・・・予測がつきます。(笑)
私にとって、2/3 の確立で NEW のような・・・。
賛同しますので、メールします。

四十物さん、こんにちは
ご返事に感謝します。
最近の@niftyの処理がおかしくてココログでのコメントが「迷惑メール」のボックスに入ったり、入らなかったりするようになりました。そのため、迷惑メールが一定数溜まったら削除するために確認しています。さきほどようやく確認して間違って迷惑ボックスに入っていることに気づきました。一応、@niftyへも報告は1か月前くらいからしているのですが。返事のタイミングが遅くなり申し訳ありません。

ご無沙汰しています。
私も賛同します。「宝くじ」よりは、はるかに高い確率の様な気がします。
当れば「貴重なNew」です。外れても悔いは無いでしょう。hi

BWTさん、おはようございます
残念ながらOMのKL7残り5件には該当しませんでした。しかしながら、お声がけいただくと必ず次につながると思います。コロナ禍でいろいろなことが変化してしまいました。消え去るのではなく、復活につながるご一報をいただきましてありがとうございます。感謝します。
ちなみに私もKL7はまだ13IOTAも残しています。すっかりHFのチェイシングが低迷していますが、このあたりからコロナ後の復活にチャレンジしたいです。まだまだ若いです。(笑い)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA申請者数の4年連続世界一位にご理解ください | トップページ | ミステリーIOTAでごめんなさい »