World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« OC-299 V62S Sawatal Atoll QRV開始 | トップページ | IOTA-VHF NA-028 KL7RRC St. Paul Islandへの6mマンの本気 »

2023年11月15日 (水)

NA-028 KL7RRC St. Paul Island 6m運用支援のお願い

表題のNA-028 KL7RRCの運用はQRZ.comのページで随時報告されています。昨日はバンド・モードごとの運用周波数リストが掲載されました。6mはCW 50105、SSB 50135、FT8 50329と掲載されています。

JG1UKWさんはすでに6mIOTA50クレジットを超えられましたがAS/OCの2大陸のみでありましたのでNA-036 VE7局などとSkedにチャレンジされていました。今回のNA-028ももちろんNew(含むHF)であり、一番にドネーション支援をしていただけました。その後の交渉で6m運用も追加されましたので、一昨日にN3QQ Yuriさんへ「6mやりましょう。楽しみです」程度のメールを送っていただきました。

返事がすぐに戻ったそうで、非常に乗る気で6m運用に積極的になられつつあるようです。その中に「現地のWhatsApp at +1(206)779-**** 」に一報くださいとの依頼だったそうです。

さらにUKWさんと同様に6mIOTAへの支援メールを送るご協力を欲しいことと、WhatsAppの利用ができてYuriさんとやり取りのご協力をいただける局を探しています。

Kl7rrc-12

QSLカードのデザインもできあがったようです。

【追記】

本日、JAドナーの個別のリクエストをN3QQ Yuriさんへお願いとして送りました。先ほど返信をいただきました。

シュウさん、こんにちは。

ユウさんは大丈夫です、心配しないでください。

今日、アンカレッジからセントポールにすべてを発送しました。
アンカレッジには雪がたくさん降り、数日間すべてが止まりました。
ラップトップのテスト、ソフトウェアの更新、バッグの梱包。
旅行の準備をしています。 

Google和訳で貼りつけました。Yuriさんは2週間前ですが、Seattleではなく、アンカレッジに入っているようなメッセージにも受け取れます。

« OC-299 V62S Sawatal Atoll QRV開始 | トップページ | IOTA-VHF NA-028 KL7RRC St. Paul Islandへの6mマンの本気 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-299 V62S Sawatal Atoll QRV開始 | トップページ | IOTA-VHF NA-028 KL7RRC St. Paul Islandへの6mマンの本気 »