World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« AS-130 3W9C Con Son Island (11/30-12/9) 含む6m運用 お忘れなく! | トップページ | OC-155 V62P Puluwat AtollからのウエブNEWS(29th Nov 2023) »

2023年11月29日 (水)

OC-136 VK3FAAJ Phillip Island クレジット取得のサポート

2023年11月23日にQSLカードが未回収との情報をいただき、すぐに対応をとってみました。2020年2月運用分ですぐにVK3FAAJ Marcelさんから事情を説明した返事(11月23日ブログで報告済)が届きました。すぐに①QSLカードを返信すること、②IOTA validation teamへ提出物のアドバイスを受けることを再アドバイスしました。

本日、再度の返事が届き、QSLカード返送に関して早めに返信作業に入ることと、昨年問い合わせたが回答がなかったと不明確な内容をいただきました。OC-136はクレジット率23.7%で30%未満のため゜承認の必要性がYESです。

そこで、事情をIOTA validation teamへ報告し、直接もしくは私経由で提出物のアドバイスをしていただくように依頼しました。

なお、未回収のWJLさん、IBYさん、そしてCEXへはMarcelさんのメールを転送しておきました。

今後同じような事例が起きることが考えられますので結果をご報告したいと思います。

【追記】

RMUさんからもメールをいただきました。4局目です。やはりOC-164 VK3FAAJを交信済みでSkedをメールで楽しんでいたところそのままになっているとのことです。たかがOC-164、されどOC-164ですね。近くても遠くても未交信局のクレジットを得ること、得ることをお手伝いできることは楽しいことです。頑張ってClub Log Matching登録をお手伝いしようと思いました。

福岡県からオーストラリアまで15g定型封筒 140円。帰りのSASE4GS指定の場合は約150円X4=600円。IOTA-VHFで6mのOC-001のクレジットを得るための費用が740円となります。Club Log MatchingやLoTW QSO Matchingを登録しているOC-001の6m運用局はまだ見つけていません。交信するたびにMatching登録の提案活動をしています。

« AS-130 3W9C Con Son Island (11/30-12/9) 含む6m運用 お忘れなく! | トップページ | OC-155 V62P Puluwat AtollからのウエブNEWS(29th Nov 2023) »

コメント

山本さん、こんにちは。
丁寧なサポートありがとうございます。

URに注文されていたQSLは届いたということですかね。
VKからの郵便物は届くまで1月程掛りそうですので、その間に「承認」が得られれば取り敢えず良しとしたいです。
今後はClub LogやLoTWへのログupと「電子照合」OKまで進めば、煩わしいQSLの請求は大幅に減ると思われます。
今後を見守りたいと思います。

前田さん、こんにちは
この局ももちろん最終的にはMatchingシステムの登録を目指しています。
IOTA-VHFの切り口でOC-001 VK mainlandと3局交信できました。そして、Club Log Matching登録を提案し、1局から反応があり手続きを進めている途中で放棄されてしまいました。残念。
IOTA-VHFが低いという意味ではなく、VK本土からQSLカードを4USDも同封して請求する気はおきません。4局目からは「6mIOTAであなたはClub Log Matching登録をOC-001の中で世界初です」「登録していただければ、世界中のIOTAファンからコールされます」と伝えるつもりです。

山本さん こんにちは。
お手を煩わせて申し訳ありません。

>Club Log MatchingやLoTW QSO Matchingを登録しているOC-001の6m運用局はまだ見つけていません。

とのことですが、当局数少ない6mの中で、OC-001 VK4MA ClublogMatching できております。
QRZ.comを見ると現在もアクティブにやっておられるようです。
参考までに。

森原さん、こんにちは
たいへん貴重な情報をありがとうございます。2年前の5月から6mSWLログ(CW/SSB)を付け始め(なかなか交信できないからです)、たくさんのVKをログに記載していましたのですぐにそのログをひっくり返して確認しましたが見当たりませんでした。
しかしながらQRZ.comを確認しますとBiographyに「Paper QSLは辞めてすべて電子ログへ」とありました。さらに最下部の最近のQSOデータを確認しましたらFT8/FT4がMainとなっていました。
メールアドレスも記載されていますので連絡を入れて3月にCWによるSkedをお願いするようにいたします。さらに、6mCWによるOC-001のPRの許可もいただくつもりです。IOTA-VHFを始められる局が交信はできますが、IOTA-VHFクレジットを得るためのQSL回収に740円もかける必要はなくなります。同じようなJA friendsが他にもおられると思います。単なるケチンボなのかもしれません。(笑い)
いや節約家ですね。Matchingに移行していただかないとVK-IOTAすべてをcfmするのに大きな負担になります。再度、ありがとうございました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-130 3W9C Con Son Island (11/30-12/9) 含む6m運用 お忘れなく! | トップページ | OC-155 V62P Puluwat AtollからのウエブNEWS(29th Nov 2023) »