World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« NA-028 KL7RRC St. Paul Island info(11月2日) | トップページ | OC-186 YB2/IK1TTD Karimunjawa Island Club Log OK »

2023年11月 3日 (金)

NA-028 KL7RRC St. Paul Island info(11月3日)

昨日のブログにYuriさん宛の報告を掲載しました。また、QRZ.comのKL7RRC biographyにドナーリストを設けていただきたいと書きました。すぐにセッティングをしてくれました。びっくりです。

Kl7rrc-0

ドネーション入金確認もせずに、私のコールを先頭にして報告しましたJA各局のコールを掲載してくださいました。Yuriさんも乗ってきました。とても嬉しいのでしょう。翌朝に確認するとUA0CIDが追加されていましたので確認しているようです。

11月2日(木)午後7時過ぎに届いた「すぐやる課」のYuriさんのメールです。

  Thank you very much and I added the list you provided to qrz.com page.

73,
Yuri Sushkin
N3QQ

 

ところで、どのような場所から運用するのか調べてみました。QRZ.comのKL7RRCのbiographyに次のマップが掲載されています。

Kl7rrc-1_20231103080901

最南端のSt. Paulの町中に青色の風船マークがセッティングされています。ほぼ間違いなくここが宿泊兼運用場所と判断しました。拡大すると次の通りです。

Kl7rrc-2_20231103081201 Kl7rrc-3

風船の発信場所はここのようです。Googlemapの地図を最大値にしてみました。

Kl7rrc-4

これが位置的にYuriさんがいう「rental agreement with the City of St. Paul for our QTH」のようです。左下の建物の可能性も少しあります。ズームを最大値にすると各家々に300番台の番号が浮き上がってきました。おそらく地番のようです。この家の南東側を除いて三方は何も建っていない更地のようです。

アンテナは2022年のNA-039で使用された「Antennas: Vertical Dipoles 17/20m and 1/4 waves for 30/40m. 2 operating positions,」がベースとなるのではないかと考えられます。

 

JH2XQYさんからもメールをいただき、思い出のNA-028 KL7/DL1YMKのQSLカードの添付ファイルを送ってくださいました。運用20年後に回収されたそうです。私もこのカードでIOTAクレジットをいただきました。

Kl7dl1ymk-na028_20231103093001

« NA-028 KL7RRC St. Paul Island info(11月2日) | トップページ | OC-186 YB2/IK1TTD Karimunjawa Island Club Log OK »

コメント

山本さん
こんにちは。

Yuriさんは、行動が何時も迅速ですね。
もう、ドナーリストにコールが掲載されているなんてビックリです。

先程、Paypalで送金しました。

QSOが出来るか分かりませんが、楽しみに待っています。

JG1UKW/宮嶋

宮嶋さん、元気そうです。
何かに集中して楽しいことをやるときがベストですね。

はい、今回は向こうが探してくれます。交信されていなければ、連絡を取ってSked化しますので安心して楽しみましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« NA-028 KL7RRC St. Paul Island info(11月2日) | トップページ | OC-186 YB2/IK1TTD Karimunjawa Island Club Log OK »