World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« From OC-299 Satawal Atoll to OC-155 Puluwat Atollへ情報を集める | トップページ | OC-136 VK3FAAJ Phillip Island supporting »

2023年11月23日 (木)

OC-155 V62P Puluwat Atollはいつからか

明確にはわかっていないのですが、V6IOTAウエブのニュースなどをかき集めて整理してみました。

最終のNEWSが掲載されたのは 21 Nov 2023 (07 UTC or 5 pm)。その時点で22日(水)のSatawalからPuluwatへの移動日が「23日(木)にSatawalに迎えが到着する」に変わりました。到着時間ははっきりしません。StawalからPuluwatまでは概ね10時間ほどかかります。この到着時間は「V62S完全QRTから数時間後」と考えてよいと思われます。

但し、数時間が1時間なのか、5時間、いや10時間、それ以上なのは明確にわかりません。ギリギリまで運用と考えても3時間以内にはすべて片づけるのではないかと思います。

V6の多くの島にはNorth Star号は直接着岸できず、モーターボートのような船で人とモノを運ぶようです。したがって島である環礁の近くに到着停泊し、一気に往復して運び込みそして停泊地を退去していくのではないかと思われます。停泊時間は1時間以内でしょう。

あくまでも概算ですが、V62S完全QRTから3時間、荷物の降乗に1時間。そしてPuluwat到着に10時間、再び荷物と人の乗降に1時間。簡単なシミュレーションですが、QRTから15時間後にPuluwat着岸と見ました。23日中の運用は厳しそうですね。JSTでは無理かもしれませんが、UTCならば夜中に開始する可能性もあります。アンテナ設置にお手伝いが必要でしょう。いますかね。仮眠して明るくなったと同時に云々。

ひとつ前の記事で11月26日までの滞在ビザを12月2日まで延長云々とありました。今回のNEWSでPuluwatからWenoに戻る船を4日後に手配できるよう交渉中とありました。ビザの変更はできたようです。OC-155を中止して26日に帰路につかなければよいのですが、本当にたいへんです。本当に綱渡りですね。体調がたいへん心配です。

開始も1週間遅れてしまい、帰りも1週間以上遅くなりそうです。滞在費用なども高騰し少しでもご支援してあげたいところです。

VE3LYCの願いはOC-155を一人でも多くの未交信局にサービスしたいことが力になっていることでしょう。クレジット済みの皆さんは控えていただき、未交信の方は1-2QSOで済まされるようご協力ください。

ちなみに11月23日午前10時40分現在でV62Sの運用はこの朝の2306zで止まっています。(Tnx JI3DST)

【追記】

現在11月23日午後1時過ぎです。V62Sは午前8時過ぎにQRTして5時間経過しました。船を待っているのではなく、すでにPuluwatへ向かっているようですね。何が起きるかわかりませんが、上記の計算式で午前9時30分にSatawalを出発したと仮定すると午後8時前にPuluwatに上陸し、午後9時前に運用開始の可能性も予測できます。

そうなればおそらく夜中中ノンストップでサービスするでしょう。なお、Puluwatの日の入りはミクロネシア ヤップ島地区で18時23分37秒で計算されました。今朝の8時半に出発していれば10時間後の午後6時半でぎりぎり明るいうちに着けそうです。

« From OC-299 Satawal Atoll to OC-155 Puluwat Atollへ情報を集める | トップページ | OC-136 VK3FAAJ Phillip Island supporting »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« From OC-299 Satawal Atoll to OC-155 Puluwat Atollへ情報を集める | トップページ | OC-136 VK3FAAJ Phillip Island supporting »