World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« OC-136 VK3FAAJ Phillip Islandの手続き進捗 | トップページ | AS-130 3W9C Con Son Island, QSP to Jacek »

2023年12月 5日 (火)

OC-146 YB8RW Sulawesi Island Dinさんとの交流再開?

数日前にFacebookの投稿記事にJA2のOMさんが2020年に運用されましたOC-145 7I8X Widi IslandのみQSLカードが回収できないと報告されていました。私は勘違いしてJA2のOMさんがIOTAをやるのかなと思いました。そのためリーダーでQSLmgrのYB8RW Dinさんと懇意にしていたので問い合わせのサポートをと連絡しましたところ、すぐにOKのメッセージをいただきました。

勘違いはこちらはIOTA申請、JA2のOMさんはDXCC 30mCWの獲得でした。いずれにしても数年前に小さなトラブルで縁遠くなった私とDinさんと復縁できる可能性にチャレンジしました。1か月ほど前にJA1のOMさんから連絡がありDinさんが記入ミスがあり回収困難であったOC-250のQSL回収に成功したとの情報を得ていました。DinさんのQSLカード再発行に軟化を感じていました。

12月3日の昼前にJA2のOMさんから正式に依頼をいただき、QSLカード返信ではなくLoTW登録で十分との要望でした。引き続き3日にDinさん宛のメールを作成し10時ころに発信しました。提案型で意見を求める内容にしましたので返信があると確信していました。

4日10時にYB8RWより間違いなく返信が届きました。驚くべき内容です。「Covid-19の最中の運用で混乱したようです。請求された分はJA2のOMさん分を含めてすべて発送したが未着の問い合わせはありませんでしたのですべて届いていると思いました。運悪く、PCログを管理していたYE8XBNが突然のSKとなり、そのPCを彼の息子が使うためにすべて削除されてしまった。QSO dataを聞いて1枚のみ発行云々」との内容でした。

JA2のOMさんに伝えましたところ、ログ紛失ならば再度別のYB局を探してみますとのご返事でした。考えますと確かに30mCWのYB局は私も電子ログを検索しましたがものすごい数のログの中にはありませんでした。

私も完全に内容を把握できていませんが、請求されて発送したQSLカードが事故に遭っている。これは私の過去の経験でもYBから発信された郵便がごっそりと届かなかった経験は数回しています。そこで、DinさんにOC-146 YB8RW Sulawesi Islandとして30mCWでJA2のOMさんとSkedを持っていただけないかを伝えました。

4日15時ころにYB8RW Dinさんからメッセージが戻りました。「JA2のOMさんと30mCWにてQSOする約束をしたい」とのこと。このあとはDinさんとJA2のOMさんとで調整をされたようです。めでたし、めでたし。

1年半ほど前にOC-146 YB8HZ Sulawesi Islandと6m運用をお願いしました。続いてYB8RW Dinさんにもお願いしましたがそっけなく話がまとまりませんでした。このJA2のOMさんの件できっと私にも6mCWでSkedを組んでくれる可能性が大きくなってきました。あの大きな島ですが、6m運用はほぼなしのようです。ご希望者はこの指とまれみたいですが、ご一報ください。

複数名、多い方がよいです。6mのSkedを提案しましょう。QSLカードもまとめて送ってもらう方法もありますが、Club Log Matchingで可能です。残念ながらOC-145 7I8XのQSL回収支援はログがないので厳しいかもしれません。でもClub LogでヒットしているのでADIFから電子ログに戻せば可能化も。詳しい方がおられましたらご指導いただきたいです。

 

 

 

« OC-136 VK3FAAJ Phillip Islandの手続き進捗 | トップページ | AS-130 3W9C Con Son Island, QSP to Jacek »

コメント

山本さん、おはようございます。
参考になるかとうか判りませんが、少しでもお役に立てればと思います。

Club LogにupしたADIFデータをDownloadするのは容易に出来ます。
但し、本件の場合7I8XとしてClub LogにLog in出来ることが前提条件になります。
Setting画面で上部に表示されるCallsignsのタブをクリックして出て来た画面の右側にDownloadのタブがありますので、そこから以前upした7I8Xの全データをADIFでDownloadすることが出来ます。
それをLoTWにUploadし直せは良いだけと思います。
YB8RW/DinさんはLoTWのユーザーですから7I8Xの登録は容易でしょう。

以上、他に何かありましたらお尋ねください。

前田さん、詳しいですね。ありがとうございます。
OC-145 7I8X のQSLカード未回収やLoTW QSO matching希望の方がおられましたらトライしたいですね。ただし、Dinさんはメールの中でJA2のOMさんが提案されたLoTWにuploadでもよいとの提案に「To upload to LoTW, I don't know how to do it, if I could just do it, it would be better, 」と回答していました。確かにYB8RWのQRZ.comにClub LogマークとLoTWマークを並べてありましたので使用できると思ったのですが、飾りなのかもしれません。
申し訳ありません。私もLoTW登録に失敗してそのままにしているため、LoTWのお話の中に入れないところがあります。Dinさんと同じ立場かもしれません。

前田さん、早いうちに時間を作ってLoTWの登録に再々チャレンジしてみます。情報処理産業の会社を卒業しましたが、最近は以前は簡単と思えた作業も止まってしまうことが多くなっています。老化防止に頑張ってみます。(笑い)

こんばんは。
確かに、YBの30mは少ないですね。集計したところ76Qありました。
内容は、記念局や外国人によるQRV
そしてYB3MM, YB4IR, YB8RW etc YB DXpeditionersによるIOTA巡りのときに沢山QSOさせていただきました。
とりあえず各モード揃っています。Activityのあるうちに済ませないといけないということでしょうか??
Dinさんは、コンテストでよくQSOしますので、お願いすれば引き受けて頂けるかと思います。
さらに詳細なリストがご入り用でしたら、掘り下げます。
GL

長濱さん、おはようございます
コメントをありがとうございます。
私個人もあれだけ慕ってくれたDinさんと意思疎通が取れなくなり離れていました。今回の件を契機に再び手を取り合える状態を戻そうと考えました。JA2のOMさんに対し、DinさんはOC-146 YB8RWにて30mCWを準備するのでSkedをと提案してこられました。大昔の優しい心に戻ってきたようです。2のOMはそのSkedを年明けにされるようです。
私からはDinさんへ6m運用をお願いするつもりです。年を超えてからでも十分かなと思っています。
YBはYB4IRはまったく反応がありません。Facebookの投稿もなくなってしまいました。YB3MMも仕事が忙しいようです。以前ほどの勢いはありません。YB8RWに頑張って欲しいところです。
YBからのQSLカード入手はDinさんだけの意見ですが、ますます厳しくなっているように感じました。すべて郵便局で封筒ごと盗まれるようです。もう、Matchingを100%にすべきでしよう。QSLカードを扱うならJAにQSLmgrを置くべきと思います。希望者はおられませんかね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-136 VK3FAAJ Phillip Islandの手続き進捗 | トップページ | AS-130 3W9C Con Son Island, QSP to Jacek »