World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« OC-171 VK5MAV/4 Magnetic Island (6-11 February 2024) 6m運用準備開始! | トップページ | OC-171 VK5MAV/4 Magnetic Islandの6m準備の進捗について »

2024年1月29日 (月)

VK5MAVの6m運用についてのお願い

1月27日(土)夕方にVK5MAV AndyさんからOC-171 Magnetic Islandからの6m運用に関してメールをいただきました。6m用シンプルバーチカルを作ってみた、2月6日からのOC-171に持参する前にVK5の自宅からテスト運用をしたいようでした。そのため、私にメールをいただいたようです。周波数も52.100CWにて希望とのことでJA-VK4のパスがあれば私にメールを欲しいという内容でした。

残念ながら現在の6mバンドは50.100前後をワッチするよりは50.313辺りでピーッという音を確認しクラスタで内容を見るような不明確なワッチングになってしまっています。私のアパマンアンテナの精度は低いです。

2016年5月にAndyさんはOC-214プランを発表されました。しかし、1週間後に断念されたことがあります。経緯は次のURLから。

http://jn6rzm.cocolog-nifty.com/iota/2023/02/post-81f72e.html

一読いただくとAndyさんが律儀な方であることがわかります。思うに出発前の2月5日までにVK5-JAの6mパスが発生しなければ6mを運用しない可能性を感じています。1か月遅れて3月初旬だと最高なのですが、こればかりはなんともなりません。届いたメールでは彼は6m運用のご経験が少ないように感じました。6mビームご利用の皆さんに超・積極的にバンドオープンのメッセージを送っていただきたいと願っています。

1回1局だけでも交信できるとすぐに自信を付けられると思います。

VKの時給はJAよりもはるかに高いとテレビでやっていましたが、同様に物価もかなり高いようです。郵便料、運賃などがQSLカード発行にも大きな影響をQRZ.comのVK5MAV/4のページから理解できそうです。

【追記】

この朝にMagnetic Island全島の電気が復旧したそうです。心配していた電源とインターネットは自由に使えるようです。

« OC-171 VK5MAV/4 Magnetic Island (6-11 February 2024) 6m運用準備開始! | トップページ | OC-171 VK5MAV/4 Magnetic Islandの6m準備の進捗について »

コメント

山本さん、こんにちは。
連日のIOTA支援ありがとうございます。

OC-171につきましては、2022/Dec/22にMagnetic Islandからの運用としてVK8DNTと15mSSBにてQSOは出来ましたが、QSLは発行してもらえずClub LogやLoTWにもこのQSO分のデータはupされず半ば諦めの境地ですので、今回のAndyさんの運用には大いに期待しています。

既報で移動装備は既にパッキング済とのことで追加設備が困難な中、持参可能な6m用のワイヤーバーチカルを製作されたとのこと、HFのみならず6mでのIOTAも追い駆ける当局には大変嬉しいnewsです。

事前にアデレード近郊のご自宅でテストしたいとのことですが、仮にJAからQSO出来たとして、実際に運用されるMagnetic Islandとは緯度的に北海道と九州以上の距離がありますので、運用の指針としては参考にならないと思われます。
ANTの調整は相手が居なくても可能と思います(笑)
現状、6mにDX局が出ていたとしても当局が暮らす長崎県では入感しても隣県の佐賀県では全く入感しない、また逆のケースも普通にある6mの伝搬で、VK5でQSO出来ずともVK4では出来る可能性は多分にあります。
また、6mを長年運用されている局程痛感されていると思いますが、お互い相当な利得を有するANT設備を使用しての話です。
さらにいつオープンするか微妙な時期ですので、6mでの本格運用は次回に期待して今回は一応6mにQRV出来る状態でHFに注力して戴き、運良くオープンに巡り合えば6mもお願いという程度で構えた方が良いのではとの思いです。

決して否定的な見解ではないのですが、FT8無しでCW中心のAndyさんの運用に無用な心配を掛けたくない思いでもあるのです。
6mの専門家にご意見及び情報をお聞かせ願えればと思います。
宜しくお願いします。

前田さん、コメントをありがとうございます。
大軍の支援を貰ったような気分になりますよ。(笑い) コメントをいただいた通りです。100%賛成します。
個人的には昨日1月28日のVK5滞在中からOC-171最終日までに6mで1QSOもできなければ、逆効果でしばらく6m運用は停止される可能性もあると考えます。しかし、それが6mの特徴であり、それを体得していただかないと簡易アンテナでの移動運用はできないということにもなりそうですね。OC-171から戻ってこられて感想をお聞きしてその後のAndyさんの6mIOTA運用のサポートを考えましょう。
OC-171はサイクロンの影響で電気がまだ回復していないそうですからネットも使えないかもしれません。今回はHF中心の運用を見守ってあげましょう。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-171 VK5MAV/4 Magnetic Island (6-11 February 2024) 6m運用準備開始! | トップページ | OC-171 VK5MAV/4 Magnetic Islandの6m準備の進捗について »