World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« IOTA NEWS 2024年6月のNew IOTA誕生はなし | トップページ | Facebook Metaからの警告をいただく »

2024年2月 9日 (金)

AS-137 B5/BH4FSK Daishan Island for HF and 6m operation AS-137 B5/BH4FSK Daishan Island on 6m (13-15 Feb 2024)

QRZ.comのB5/BH4FSKに報告されています。

https://www.qrz.com/db/B5/BH4FSK

I will land on Daishan Island in Zhejiang from February 13 to February 15, 2024

(ZHEJIANG PROVINCE NORTH group=Dai Shan).

Rig: XIEGU x6100
Power: 5w-10w
Antenna: GP antenna
Band: 80 meters 40 meters 30 meters 20 meters 17 meters 15 meters 10 meters 6 meters

As137-1

 2月13-15日にGPアンテナと10w機で運用するようですが、驚くことにQRZ.comページにあるマップをコピーして貼り付けましたがDaishan Islandまで本土から一気に橋でつながっています。昨年の5月くらいから島のresident局に運用を提案していましたがそのころは地図上で橋はありませんでした。びっくりしています。これならばすぐ北側の上海市から移動運用が比較的簡単にできると考えられます。

現時点のGoogleMapも掲載します。

As137-2

確かにまだつながっていませんね。一番上の島がDaishan Islandです。ただし、手前の比較的大きなZhoushan IslandもAS-137ですので、ここも橋が架かりましたので今後は上海からたくさんの局が運用するでしょう。

もっとも島関係で詳しいMapcartaで確認しました。

As137-3  

間違いなくつながっています。しかもほぼすべての島がつながっています。AS-137の6mはシーズンにはいれば簡単に交信しやすくなるでしょう。

【追記】

私は2009年5月のBA4TB/5にてAS-137と6mで交信しカードも送ってくださいました。当時はBA4TB DaleさんがまだIOTAに取り掛かられたばかりでSkypeを通して「今、AS-137から6mで出ています。呼んでください」と結構お招きしてカードも送ってくれました。3年前にIOTA-VHFを始めたときにカードを見つけAS-137 6mを見てびっくりしました。あらためて感謝してしまいました。

このAS-137 6mをお望みの方がおられますか? 5月から7月のシーズンだったらよいのですがお声がけする必要は?

« IOTA NEWS 2024年6月のNew IOTA誕生はなし | トップページ | Facebook Metaからの警告をいただく »

コメント

山本さん、
こんにちは。安孫子/JF7RJMです。
AS-137はBI5Q、BG5FZU と交信していますが、カード請求するも回収出来ていませんでした。
今回、なんとかQSOしたいと思っております。

>安孫子/JF7RJMさん
>AS-137はBI5Q、BG5FZU と交信していますが、カード請求するも回収出来ていませんでした。
私は運よく、IOTAを始めたころからぼつぼつとBY局がIOTAをクラブコール回ってくれました。そしてほとんどWのmgrでしたので事故なしでほぼ回収できました。3年くらいですべてクレジット済みとなりましたので、そこから20年くらいは必要性がなかったためにBY-IOTAの情報はあまり持っていませんでした。
IOTA-VHFにチャレンジするようになり、個別に事前にメールを数回やって送る様にしています。BI5QやBG5FZUはどうも届いてない可能性が高いと私は感じます。インドネシアと同様に返信料を狙っている郵便局員がいそうですね。
インドネシアからのQSL回収はとにかく工夫しまくりました。送るタイミング、封筒、事前に先方に連絡して送るなどなどと限りなく回収率100%を目指して工夫しました。

お昼過ぎに15m FT8でQSO出来ました。
どうやら交信の都度、LoTWにデータをUPしてくれているようです。
あとは・・・QSOマッチングが利用できると様になると良いのですが・・・。

Call Sign B5/BH4FSK
DXCC CHINA (318)
CQ Zone 24
ITU Zone 44
IOTA AS-137
Grid PM10CF
Province Zhejiang (ZJ)

おめでとうございます。
QRZ.comのBH4FSKページを確認するとQSLカード交換も積極的にすると書いてあります。事前にメールが欲しいような感じもします。
Googletranslateを使って日本文を中国語に変換して熱い気持ちを伝えられるとよいと思います。お互いダイレクトで交換し合う可能性も50-50あります。LoTWを進めても良いかもしれません。安孫子さんに骨をおっていただくと後の方が楽になります。(笑い)

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« IOTA NEWS 2024年6月のNew IOTA誕生はなし | トップページ | Facebook Metaからの警告をいただく »