World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29    
無料ブログはココログ

« OC-136 Phillip Island等を調べてみる | トップページ | @niftyのユーザーコードとパスワードの管理 »

2024年2月 4日 (日)

EU-046 LA6KOA Rolla Islandとの交信レポート by JH1OCC Yuu OM

昨日のブログ記事の中でEU-046 LA6KOA Rolla IslandとJH1OCC Yuu OMが1月下旬に24MHzにて交信に成功された。その続編を知りたい云々と書きましたら即座にレポートを送ってくださいました。こういうやり方でNew IOTAを引っ張り出して大苦戦されながら交信に至った家庭の内容です。私は最近は6mの勉強をやっていますが、その半分の12m(24MHz)はハイバンドではほとんどやっていなかったバンドでした。

経過を書きます。

LA6KOAとは何度か交信したので、DX SUMMITにレポートが上がっても聞かなかったのですが、EC3AAJがEU-046と書き込んだのをみつけ、LA6KOAのレポートに絞り込んで表示するように設定しました。

PC9DBがレポートしてくれて、24960を聞いてみるとかすかに聞こえました。アンテナをLP方向に回してみたら少し良くなりました。ヨーロッパの局が呼び終わったころ、しつこく呼んで、JAが呼んでいるとわかってくれて、何度か呼んで、取ってもらえました。レポートは53を送り41をもらいました。

QRZ.COMのページにはビューローとだけ書かれていたので、メールで問い合わせをしましたが、返事はなく、ダイレクトで請求しました。
カードは2月3日の時点で未着です。

おまけ
18や24だとJAのレポーターが少なく、DX SUMMITのほうがレポートが多いので、愛用しています。紙のQSLカードを集めているので、届かないとどうにもなりません。時代遅れの無線を楽しんでいます(ZL1AMOに”OLD STYLE”といわれました)
SSBでは、”H"と"O"で苦労します。特に”H”が上手く取ってもらえない。

時間とか周波数はDXSUMMITでLA6KOAを検索すれば出てくるので、省いてあります。 

参考まで

de yuu JH1OCC

「VE3***からも、少しは貢献して!といわれました。」とのことでご協力をいただきました。すごいですね。

私個人の24MHzを調べましたら、30年前の1月にAPA-4で開局。7/14/21/28MHzの4バンド専用のアパマンハム用とのことでしたが、24MHzは200QSOs程度でした。10/18/24MHzも無理やり乗せて7バンドでそれぞれ100エンティティに3年ほどで到達していました。達成感と目標喪失感が強く、その時にIOTAと出会い、のめり込んでしまいました。24MHzの可能性も追求したくなりました。(Tnx JH1OCC)

私もIOTA DXpedition局が開始する前からDXScapeにDX局を書き込んでチェックをやっています。DX Summitでもまずは試してみます!
 

« OC-136 Phillip Island等を調べてみる | トップページ | @niftyのユーザーコードとパスワードの管理 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-136 Phillip Island等を調べてみる | トップページ | @niftyのユーザーコードとパスワードの管理 »