World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            
無料ブログはココログ

« SA-024 ZW2FF 6mリクエストの返事 | トップページ | AS-080 DT0IP Anmyon Island on 17-19 Feb 2024 plan »

2024年2月 8日 (木)

NA-046 K2LEK Nantucket Island Sked 成功4局目

昨日2月7日朝にNA-046 ND1LからK2LEKへの変更のお知らせが午前3時に届き、7局のSked挙手局へ連絡を終わったと思いきやJA6WJLさんが21CWにて0730JSTに完了というメールが届き、びっくりしました。K2LEK Mikeさんのメッセージの中にも7日7時半から21040でWJLさんとSkedをやりますよという文言がありました。

先鋒の素早い動きに触発されたのでしょうか、この朝にJH2RMU、JF2UPM、JN3SAC各局から21040で7時半過ぎに交信成功とのメッセージがとどきました。ビーム利用局が多いと思いますが、W/VEの東海岸のresident局を調べてSkedをやれば相当数のNew IOTAを得ることもできるのではと強く感じました。おそらく私のアパマンアンテナAPA-4 12メータハイではこんなにうまくはいかないかな、いやできそうな気もします。

JN3SACさんはNA-046はクレジット済みながら別のアワードのためにNantucket Islandが欲しいとのことでした。残りは3局となりました。

そういえば50年ほど前のこの時期に朝起きて、すぐに東海岸へビームを向け、USA county Awardのために毎朝5局程度WとCWにて交信し、アメリカンコールブックから手紙を作成し、博多駅ヨコの博多郵便局で投函し会社へ出勤していたころを思い出しました。WNのノビスもたくさんやっていました。仕事が多忙となり熊本へ転勤したために終わってしまいました。素晴らしいコンディションでした。

 

« SA-024 ZW2FF 6mリクエストの返事 | トップページ | AS-080 DT0IP Anmyon Island on 17-19 Feb 2024 plan »

コメント

山本さん
交信時間が違います。7時30分(22:30z)に交信できました。
いろいろアドバイスありがとうございます。

村山さん、しっかり読んでくださりありがとうございました。
年を取ると間違いが多くなりました。すぐに訂正いたしました。

山本さま
村山さんからの情報で既にご存知のことと思いますが、本日、村山さんのサポートでK2LEK Mikeさんと無事交信できました。これも山本さまが、NA-046の状況等、調べて頂いた賜物と思います。また、NA-046のリストに参加させて頂き感謝申し上げます。

北川さん、おめでとうございます。
はい、RMUさんからは3回も4回もメールやコメントをいただき、ご一緒に交信されたとの報告をいただきました。余程嬉しかったのでしょう。(笑い) 私はお手伝いはしましたが、やはり実力で交信されていることは事実です。しかし、こんなに簡単に立て続けに4局も交信できるとは本当にびっくりしています。私個人も飛ばないアンテナを使っているためにどうすればクレジット数を増やすことができるかを追求して、それぞれのIOTAのresident局を探し出し、交渉する方法を見つけただけのことです。
実際には1回でスパッとできたのは1局だけです。他の50局くらいは何回も何回もまた何カ月も何年もお願いして339のレポートをやっともらった局がとても多いのです。なんとか交信できた程度ばかりの実力です。
でもそれが下手な英語をちょびっとずつですが上達させてくれることに喜びを感じています。Wの東海岸の未交信IOTAのresident局を探して調べて今日のように同じ文章に枝葉を付けてSkedの依頼をしてもよいのではないでしょうか。Wは先進的な局が多いので受けてくれる確率はとても高いです。
私はNA-046 K2LEKへMatchingシステム登録のお願いをしようと思いますが、3名(除く、JN3SACさん)の皆さんクレジットの方法はどうされますでしょうか。QSL交換方式でしたら私のところに7局分ぜんぶ送ってもらい配分する方法もあります。でもリトルピストルの私が申し上げていますので、ビッグガンをお持ちの皆さんでしたらW/VE-IOTAと続々と交信できると思います。

山本さまからIOTAへのお誘いを頂き、またローカルの村山さんの後押しで、2020年にIOTAに足を踏み入れた次第です。幸いDXにつきましては、CWオンリーでずっとしてきましたので、綺麗なQSLにIOTAナンバーが記載され、それが島であることは、確認しておりました。IOTAに関しましては、到底、山本さまの足元にも及ばない状況です。IOTAにQRVする局は、今ではFT8が多くなりましたが、以外とCW、SSBオンリーの局もあり、苦手な英語でも極力QRVするようにしています。それからお心遣いいただいております、QSLの件ですが、本日、SASEで送りました。一応、DXCCも区切りがつき、IOTAへシフトしている「状況です。今後とも、ご指導のほどよろしくお願い申し上げます。

>JF2UPM 北川さん
>
素晴らしいコメントをありがとうございます。また素晴らしいSked結果をお聞かせいただき、私もアパマンアンテナで苦しみながらいろいろなチャレンジ方法を工夫し楽しんでいた2000年頃のことを走馬灯のように思い出し勇気とやる気が湧いてきました。2年前に誤ってClub Log Matchingの紹介とIOTA申請のご提案の対象者リストを消去してしまいどなたにすすめたかわかりづらくなってしまいました。すみません。

 足元に及ばないなんてとんでもありません。オセアニアと東アジアにしか飛ばないアンテナでより深くIOTAを楽しみ、本来のハムの目的でした英語の上達と海外交流を飛ばない分に置き換えて楽しんでいるだけです。
 今後ともよろしくお付き合いください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« SA-024 ZW2FF 6mリクエストの返事 | トップページ | AS-080 DT0IP Anmyon Island on 17-19 Feb 2024 plan »