World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        
無料ブログはココログ

« 425DX newsと IOTA & DX NEWS (24 March) - GPDX - PORTUGUESE DX GROUP | トップページ | NA-244P 4A5D María Madre Island運用時間の少なさとAS-200、AS-206の事例について »

2024年3月25日 (月)

OC-144 YE4IJ Irfanさんの6m用アンテナの状況確認

今から4年ほど前にYB-IOTA friendのOC-144 YE4IJ Irfanさんに6mに出ていただくようお願いをしました。それ以前はHFにてSkedを行いJA IOTAチェイサーにどれくらいか記録を取っていませんが20局、30局、いや50局を超えるくらいOC-144のIOTAクレジットをサービスしてくれました。私はすでに18年くらいのお付き合いになります。この1月にも連絡があり、OC-144の別の島を9月にサービスする情報を預かっています。

3年前に6mCWのSkedをお願いしましたら1週間くらいでT型ダイポールを作成し、海岸へ移動したジープにアンテナを付けて私と一部のIOTA-VHFerとのSkedを実施してくれました。翌年2021年には自宅に6m用4エレ自作八木をあげてくれました。2021年5月21日の受信メールにおける添付ファイルの写真です。

1621752593316_20240325183601

YE4IJ Irfanさんの自宅にあがった6m用4エレ八木(中央上)です。その後、私は未交信のままで終わってしまっています。IOTA-VHF 2024 Listの上位局のほとんどはOC-144 YE4IJにてクレジットを得られていました。今回JAトップになられましたJA6RJKさんもOC-144 YE4IJのクレジットを得られていました。さすがですね。

3年経過すると私もOC-144 YE4IJとの6mクレジットをすっかり忘れていました。本日、Irfanさんへ6m用アンテナの状況確認と、JAからのIOTA-VHF申請者が急増したことを伝えるメールを送らせていただきました。おそらく6m用アンテナはそのままではないかと思います。IOTA-VHF OC-144未交信の皆様に参集していただきSkedを実行してみたいと思います。HFで未交信の方もご一報ください。

なお、ClubLog Matching、LoTW QSO Matchingともに利用されています。

« 425DX newsと IOTA & DX NEWS (24 March) - GPDX - PORTUGUESE DX GROUP | トップページ | NA-244P 4A5D María Madre Island運用時間の少なさとAS-200、AS-206の事例について »

コメント

YE4IJ 24/03/27 1344Z 50313.0 FT8 CQ 1166Hz JG1TSG-#
でレポートされている時に最大JAの6局から呼ばれていました。10分ぐらいモニターしてましたが、
YE4IJ側では1局デコードされるかされないかの状況で、1kw+八木の局もいましたので、
YE4IJ側のRXとTXのバランスが悪いと思いました。このことはYE4IJに伝えましたが、改善案
が分からない様子でした。おかしいと思い私も呼んでみましたが、先方ノイズが多い一時的な
ものか分かりませんがデコードされなかったようです。結局沢山のJAのコールを見逃してました。
しかし、この日は10局以上はHL,JAとの交信はできた感じでした。

ここ数日間は22JST頃YB経由のLPでカリブの局が入感してますので、たくさんのJAがYB(210度あたり)
を向けてますので、多くの交信機会があります。今後のYE4IJのTX,RX能力の不一致は一時的なのか
モニターして追加情報を彼に送りたいと思ってます。

高田さん、貴重な情報をありがとうございます。
「6mで異なるモード(CW、SSB、FT8)で何度かCQを出しましたが、誰も応答しません。運が悪いかもしれない..でも、今度はもう一度滑ってみるのもいいかもしれません? JH1OAI アキさん...待っています
情報...今日は大雨です...伝播がうまくいっていないのかもしれません」とのメッセージをIrfanさんから頂きました。「誰も応答しない」とありましたので私はPSKREPORTERを使っていないのではと思いました。まあ、10局ほど交信できたことを理解しました。私ももっと突っ込んで6mの勉強をすることを決心しました。何度もでてきてくれますよ。私が随時連絡します。まだまだニーズはありそうです。単純に6mDXのみを楽しんでいた局がこれを契機にIOTA-VHFに進んでいただく可能性がでてきますので、IOTA-VHFの普及活動として頑張りたいと思います。ぜひご協力をお願いします。

YE4IJ 24/03/27 1344Z 50313.0 FT8 CQ 1166Hz JG1TSG-#
この時にYE4IJ局の友人YE4FNN OC-144がFT8で見えてました。
それで早々Whatappで夕食後のゆっくり時間だろうと思いYB-JA
オープンを伝えた所QRVしてJAにサービスしてくれました。
YBーJAオープンすると気が付けばオープンを伝えてます。
JAもIOTAに興味を持って頂き、彼も楽しんでくれたらよいな~
と思っての行動です。山本さんVHFIOTAの盛り上げいつもありがとうございます。

高田さん、さらなる詳細情報をありがとうございます。

私のアンテナのHFでは近場はほとんどクレジット済みでIOTAの青色吐息状態です。そこで勉強もせずにIOTA-VHFに飛び込んでHF感覚でIrfanさんをVHFへ引っ張り込んでしまいました。Irfanさんに「6mは面白い!」と言わせるほど接触しなければいけないと思っています。きっと、他のYB局にも伝わると思います。それが私の務めであるし新しい楽しみ方になるのではないかなと思っています。
6mのご指導をいろいろとアドバイスしてください。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 425DX newsと IOTA & DX NEWS (24 March) - GPDX - PORTUGUESE DX GROUP | トップページ | NA-244P 4A5D María Madre Island運用時間の少なさとAS-200、AS-206の事例について »