World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« OC-269 YE7P + OC-269のQSLカード回収サポート(吉報となるか) | トップページ | AS-008 JA4GXS/1 (Izu) O Island (6/1-4) »

2024年4月26日 (金)

AS-081 HL5JYS/p, DS5ACV/p, DS5DNO/p & DS5MNO/p Oryukdo (aka. Oryung) Island Plan(4/27-28)

IOTA-YB Needed listやSP5APW Jacekさんの6m用4eleYagi購入の支援金などにご協力をいただいています韓国釜山のDS5ACV Jongさんがご自宅から最も近くにあるAS-081からHFと6mのIOTAサービスを下記の要領で実施されます。

1. Callsigns : HL5JYS/p, DS5ACV/p, DS5DNO/p & DS5MNO/p
2. Date : 27 Apr 2024 0000z ~ 0700z and
28 Apr 2024 same times (our daytimes)
( according weather conditions, Camping is not allowed on this
island)
3. Island : AS-081 Oryukdo (aka. Oryung) G.L PM45NC51
4. Band & Mode : 40~6m CW, SSB, FT8
5. Power & ANT : 50W on battery power
HF- Zepp d/p, 6m- 5ele yagi --- 1station.
6. QSL : Club Log, LoTW and paper QSL (if you want) via DS5DNO

宿泊ができない、天候次第でキャンセルの可能性があり発表を保留されていましたが、本日ゴーサインをいただきました。本日のメールでは6mでお会いしましょうとありますので6mに力をいれてくれそうです。なお、両日ともに日本時間午前9時から午後4時までの運用です。JongさんがIOTA関係の手続きは詳しいですのでMatching等は万全と思います。

20240317_102747

JA6WJL前田さんにもご協力をいただき、情報のPRをしていただきます。島へ渡る船です。島からの眺望は素晴らしいそうでこの船で観光客を送り迎えしているようです。

【追記】

第一日目(4月27日)のクラスターレポート

DS5DNO/P 24/04/27 0449Z 50050.0 IOTA AS-081 Oryukdo Island CQ JN6RZM-9
DS5ACV/P 24/04/27 0351Z 50313.0 FT8 CQ AS-081 JH6BPG-#
JL3RNZ/6 24/04/27 0332Z 50047.0 CW CQ AS-036 JH6BPG-#
HL5JYS/P 24/04/27 0233Z 50313.0 AS-081 CQ JA6RJK-#
HL5JYS/P 24/04/27 0220Z 50313.0 FT8 420Hz IOTA JG1TSG-#
DS5DNO/P 24/04/27 0011Z 50313.0 FT8 Oryukdo Isl AS081 JG1TSG-#
DS5DNO/P 24/04/27 0010Z 50313.0 FT8 CQ AS-081 JH6BPG-#  

0000-0700までの運用です。「We will take on ferry to Oryukdo at 2130z 27,28Apr 2024 as originally planned.」のメッセージをDS5ACV Jongさんから頂いています。朝6時30分発のフェリーです。本土と島は600mくらいですが、港からは1200m前後ではないかと思います。30分もかからないでしょう。明日はセッティングに3時間はいらないと思いますので早めに出てくる可能性が感じられます。

私はJH6BPGさんがAS-036対馬移動のJL3RNZ/6をアップされましたので、それを探しにダイヤルを回していたら50050で信号を見つけました。オープンの時間は15分くらいで消えてしまいました。CQ連発でとても上手なCWでした。明日も同じような時間、周波数、モードで運用されるでしょう。

« OC-269 YE7P + OC-269のQSLカード回収サポート(吉報となるか) | トップページ | AS-008 JA4GXS/1 (Izu) O Island (6/1-4) »

コメント

山本さん

おはようございます。

IOTA AS-081 Oryukdo (aka. Oryung) Islandから、山本さん宅の距離だとひょっとしたらダイレクトで届くかも知れません。
6mは、5ele yagiなのでアンテナを福岡県に向けてもらえば海しかありません。
対馬はかわしています。

00:00~01:00UTC頃がチャンスかも。

DS5ACV Jong씨, 6m의 안테나를 후쿠오카현에 시간이 있으면 향해 주세요.

DS5ACV Jong San, please point your 6m antenna towards Fukuoka Prefecture if you have time.

Toshi/JG1UKW

宮嶋さん、コメントをありがとうございます。
3年前に大分にお住いのJH7IPR/6さんがAS-036対馬とAS-036壱岐へ移動されたときに6mCWにて追いかけました。対馬は聞こえませんでした。ところが手前の壱岐は6月27日に599/559で見事に1007JSTにて交信できました。そのことが頭をよぎりますがAS-081もワッチを頑張りたいと思います。
ひょっとしたらDS5ACV Jongさんは私とだけ6mCWで交信したかったのかもしれません。いえいえ、私はそんな小さいことはせずに皆さんへ公開型でやりたいと思います。(笑い) 交信できなくても近場ですのでまたチャンスはあります。これからは私自身の長生きとの戦いもあります。

山本さん

こんにちは。

ちょっと、バタバタしていました。

DS5DNO/P IOTA AS-081 Oryukdo IslandとQSOが出来たのですね。
おめでとうございます。
さすがぁ~です。(^_^)v

私もJH7IPR/6が、聞こえればと思いワッチしたのですが駄目でした。
RBNにも反応がありませんでした。
この時期は、Esが発生すればと思いましたが残念。

次回に期待したいと思います。

宮嶋さん、こんにちは
まったくまぐれです。3年間の6mワッチで変な固定観念ができてしまい、手前の200kmくらいは聞こえない、飛ばないと思っていました。OC-009 T88UW also JH7IPR/6高橋さんやローカルのJH6BPGさんのおかげで6mバンドの不思議さの中に入り込み、その観念は消え去りそうです。
AS-081も無理と思っていたところ、50047のJL3RNZ/6対馬のレポートをBPGさんがされたのを聞きに行ったら手前の50050でCQを出すAS-081 DS5DNO/Pを見つけました。急いでベランダへ行き、アンテナを振り出してコール一発でリターンをいただきました。
DS5ACV Jongさんもとても喜んでくださり、彼もIOTA-VHF50を早く取りたいと言ってくださいました。なんだか私のために企画していただいたようなよくわかりませんが、このグループもHL-IOTA DXpeditionを続けていただけると嬉しいのです。
はい、お互い長生きすればきっと出会えます。近場のIOTAを6mで掘り起こすことの活動を続けます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« OC-269 YE7P + OC-269のQSLカード回収サポート(吉報となるか) | トップページ | AS-008 JA4GXS/1 (Izu) O Island (6/1-4) »