World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« AS-138 BG5VEC Xiemen Islandとの6mCW Sked | トップページ | AS-037 JA6VLW/6 Kami Koshiki Islandの50MHz分「QSLカードによるクレジットの追加」 »

2024年5月11日 (土)

IOTA-VHF AS-097 9M4VM – Pulau Besar Island(5/31-6/2 2024)

この朝に表題のAS-097 9M4VMのDX情報が正式にアナウンスされていました。DX-World.netを確認すると5月31日から6月2日までの3日間で40m-10m SSB/CWの運用です。

すぐに6m運用の記載がありませんでしたので、各種データを確認しますと交信済みの局を発見できませんでしたので、おそらく世界初のAS-097運用のようです。17名のオペレータと2セットのリグを使用するようで、昔、インドネシア等で運用されたピクニックスタイルに似ています。若いオペレータの訓練を含む感じでしょうか。YB局との6m拡大を考えていますが、手前の9M2対応もすべきと思いました。

さっそく、リーダー格の9M2HUS Husainiさんへメールを作成し6m運用のお願いをしました。内容は自己紹介、IOTAの取り組み、JA-IOTAの状況、その中でIOTA-VHFに力を入れていること。おそらく世界初のAS-097からの運用、4日間の運用ですが、5月から7月までがベストシーズンであること、9M2-JA間のオープン時間などをお話ししました。

何も準備しなくてよいからバンドスイッチを50MHzにして50110を聞いて欲しい、HFのアンテナでオープン時は59で入感することなど、手配できれば簡易のダイポールでも十分などなど。おそらく、最低でも100局から250局くらいのJAが50MHzで呼んでくることなどを書きました。P.S.にIOTA Check Point JAのウエブの紹介を付しました。

HL/BV/BY/DU/XV/9M2/YB/VKの方面だけでもJAを含むと100件以上のIOTAがありますので、6mで十二分に楽しめると思います。良いご返事がくることを希望します。

 

« AS-138 BG5VEC Xiemen Islandとの6mCW Sked | トップページ | AS-037 JA6VLW/6 Kami Koshiki Islandの50MHz分「QSLカードによるクレジットの追加」 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-138 BG5VEC Xiemen Islandとの6mCW Sked | トップページ | AS-037 JA6VLW/6 Kami Koshiki Islandの50MHz分「QSLカードによるクレジットの追加」 »