World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ

« AS-012 JA6TEW/6 平戸島 50MHz 島名漢字表記のQSLカード到着 | トップページ | IOTA-VHF AS-157 XV9G Long Hai Island 6m運用提案(その2) »

2024年5月16日 (木)

NA-046 Nantucket Island Skedの再開

2024年1月にNA-046 ND1L Jesseさんに8名のJA局からのSkedを引き受けていただけました。可能ならばビーム利用のresident局と組みたかったのですが、抽出したNA-046のresident局のリスト上でワイヤーアンテナ使用であるND1Lを選択してしまいました。

一発で引き受けてくださいました。ところが米本土でリハビリ中で2月1日に島に戻るとのご回答でした。2月の3~4日の週末に設定し提案しましたところ、ND1Lは都合がつかなくなり、急遽の代理で同じ島に住むK2LEK MikeさんがND1Lの設備を使用してSkedを開始してくださいました。個別にメールを送って日時、周波数を調整していただくようにしました。なんと、JAの8局中5局があっという間(1週間くらい)に交信を終了されました。結果として、最後に飛び込んでこられた1局を含み、3局が残ってしまいました。

私の勧めるSkedは応対していただいたresident局と末永くお付き合いさせていただく考え方でいます。ND1L Jesseさんの健康を気遣った内容とし、3局が未交信の結果となりましたので5月下旬の1100UTC前後のJA-W1のパスに期待して再度お願いのメールをすることをお伝えしました。

5月11日にND1L局とK2LEK局、Ccにて3局のJA局へ御礼とSked再開のお願いメールを送らせていただきました。この約束事は5月10日付けで手帳にメモを入れておきました。JA側からもお礼と希望のメールをいただきました。こちらも何としても再開したいと気持ちが高まります。1週間後の18日まで待つつもりでしたが、5月15日にK2LEK Mikeさんをメインに温かい内容のメール、CcでJAの未交信3局を含み、到着です。

JAの3局を包み込むような内容のメールでした。そのなかで嬉しかったのはND1L Jesseさんも元気に参加されること、さらにK2LEK Mikeさんももちろん参加し、最初のNA-046リストに掲載していないW2JH Jerryさんも参加して対応してくださるとのこととなりました。これは、2月に交信できなかった反省を含み、18MHz/24MHzCWやFT8の運用を強化されたようです。NA-046総出になってきました。

QRZ.comでW2JHページを確認しましたら、 Transceiver: Icom IC-7300 (100 watts)、Antenna: Buckmaster 7-band OCF dipole (10 meters above the ground)、Power supply: Astron RS-35Mとありました。

未交信の3局の皆様は積極的にK2LEKへ連絡ください。また、交信希望者は私宛へご一報ください。6mもやりたいですけどね。無理でしょうか。(笑い)

« AS-012 JA6TEW/6 平戸島 50MHz 島名漢字表記のQSLカード到着 | トップページ | IOTA-VHF AS-157 XV9G Long Hai Island 6m運用提案(その2) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-012 JA6TEW/6 平戸島 50MHz 島名漢字表記のQSLカード到着 | トップページ | IOTA-VHF AS-157 XV9G Long Hai Island 6m運用提案(その2) »