World wide visitors

  • Google translate for visitor
  • Free counters!

最近のトラックバック

2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ

« AS-148 DT0IP Munyo Island plan 正式版 | トップページ | AS-105 6M6M Yonghung Island 中間報告 »

2024年6月21日 (金)

IOTA-VHF OC-235 DX7EVM/9 Camiguin Islandへ6m運用提案

本日、ADXOとDX-World.netに投稿されました表題のOC-235 DX7EVM/9 Camiguin IslandのIOTA contest参加(7/27-28)発表に伴い、リーダー役のDU7OK Omarさんへ6m運用のお願いのメールを送りました。

このチームは一昨年、昨年とOC-129の小さな島へIOTA contest時に参加しています。DX7EVMはクラブコールですが、QRZ.comページにはその映像が登録されています。発電機や燃料などを一緒に運んでいます。

OC-235 Camiguin IslandにはDU9AQQとDU9BCDの欧米系の局が住んでいますが、電源事情が悪く無線運用が厳しいとの回答をいただいています。チームは発電機や燃料持参ですので可能性はあります。

メールにはIOTA HF並びにV/UHFカテゴリともに申請者数トップであること、VHF運用も盛んであることを伝え、50MHzが使えるリグならばHFアンテナにつないでもDU-JA間はバンドが開ければ楽に交信できること。もちろん、簡単な6m用ダイポールがあればさいこうであること。コンテストのQSL扱いは「QSL via LoTW」とありましたのでおそらく紙のQSLは扱わないと思いますのでLoTW QSO Matching登録を勧めました。

距離的にも届きやすいので、他にもJAから6m運用提案を依頼していただけるとありがたいです。

DU7OKとDX7EVMのQRZ.comのページのウエブURL(IOTA contest)のなかの一つを起動しましたらJH2XQYさんの強い信号のコールがあり思わず笑いました。

« AS-148 DT0IP Munyo Island plan 正式版 | トップページ | AS-105 6M6M Yonghung Island 中間報告 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« AS-148 DT0IP Munyo Island plan 正式版 | トップページ | AS-105 6M6M Yonghung Island 中間報告 »